地域限定で集客【Yahoo!リスティング広告インタレストマッチ編】

こんにちは、
立松です。

今回は、
Yahoo!リスティング広告の1サービスである
「インタレストマッチ」を使って、
地域配信を行う方法を見ていきましょう。

Yahoo!リスティング広告の核のサービスである
「スポンサードサーチ」は、

Googleアドワーズのシステムを
導入することが決まっており、

現時点でお見せするものとまったく違う方法に
変わる可能性がありますので、
変更された後にお知らせ出来ればと
考えています。

■インタレストマッチ

まずはインタレストマッチの広告画面に
ログインします。

そしてアカウントのリンクをクリックします。

「ホームページでお客を集める方法」研究所-その1

そうするとキャンペーンの一覧が表示されます。

※Yahoo!インタレストマッチも
他のリスティング広告媒体と同じように
キャンペーン単位での地域配信設定が
可能となっています。

地域配信を行いたいキャンペーンをクリックして選択します。

「ホームページでお客を集める方法」研究所-その2キャンペーン一覧

そうするとキャンペーンの詳細が表示され、
上部のキャンペーン名の右横に
(小さくてわかりにくいのですが)
確認・編集というテキストのリンクがあるので
そちらをクリック。

「ホームページでお客を集める方法」研究所-その3広告グループ一覧

キャンペーンの設定画面にうつりますので、
「地域ターゲティング」の項目を確認します。

「ホームページでお客を集める方法」研究所-キャンペーン設定画面

地域配信を行うにチェックを入れます。

チェックを入れると同時に
スルスルっと日本地図が表示されます。

「ホームページでお客を集める方法」研究所-その5地域ターゲッティング設定項目

この日本地図上に表示されたのチェックボックスに
チェックを入れる、入れないで配信地域のコントロールが可能です。

このチェックボックスでは、
「関東・東海・近畿」など非常にざっくりとした
地域設定しか出来ませんので、

さらに細かく指定を行うには地図下にある
地区名のリンクをクリックしていきます。

「ホームページでお客を集める方法」研究所-その6細かく地域設定できる

指定できる配信地区はある程度の決められていますが、
十分細かい指定ができますね。

http://listing.yahoo.co.jp/support/help/int/targeting/area.html

「リスティング広告」とは

こんにちは、
たてまつです。

今回はリスティング広告について
軽くお話します。

■リスティング広告とは

みなさんが日ごろよく使われる
検索エンジンの検索結果と
一緒に表示される広告のことです。
PPC広告とも呼ばれています。

SEO(検索エンジン最適化)と
リスティング広告を合わせて、
検索エンジンマーケティング=SEM
とも呼ばれています。

代表的な広告媒体は、
ヤフー株式会社の「ヤフーリスティング広告」と、
グーグル株式会社の「アドワーズ広告」となります。

■リスティング広告の特徴

オークション方式でキーワードに
対して入札を行い広告リンクを購入する
感じです。

広告費用は広告文が
クリックされた分だけ支払う方式で、
かなりの小額からでも始められます。
(ヤフーは3,000円?)

他にネット広告に比較すると
費用対効果は抜群です。

また、誰もが使う検索エンジンに
出稿することになるので、

見込みのお客様にも
見てもらいやすいのです。

現状、ネットで
有料広告をうつなら、
リスティング広告よりも
有効な手法は無いのかもしれません。

そして、また別に機会に
お話しますが、
実は広告以外の使い方もあります。

■ホームページ集客での使いどころ

自社の商品がSEO(検索エンジン最適化)であげにくい
キーワード(できても時間がかかる)だったり、
特定の地方だけにホームページを露出したい、
といった場合に有効です。

セオリーどおりに広告出稿を続ければ、
短期間で成果を出すことが可能です。

どんなキーワードでホームページにやってきて、
商品を買ったのか、
1件当たりのお客様獲得単価はいくらか?
など詳細にデータをとることができます。

データから繰り返し広告や
ホームページの改善を行うことで、
どんどん「集客の精度」は高まっていきます。

その結果・・・
1件当たり単価が最初に比べて
半分以下になるなんてことが
よく起こるわけです。

長く広告を出し続けることで、
ブランディング効果や
SEOへの好影響も期待できます。

■最初はテスト

他のネット広告に比べて
非常に有効な広告手法である
リスティング広告ですが、

それでも最初からうまくいくとは
限りません。

最初はテスト的に小額予算で広告を始めて、
キーワードや広告文、
ホームページのつくりなど要領がつかめたら
本格的に予算立てを考えましょう。

■始めるには

ご自分でもやれないことは
ありませんが、

一筋縄ではいかず、
多方面でホームページ関連の情報を
身につける必要があります。

(専門の私がいうんだから
間違いありません。
かなり勉強が必要です。)

日々、
日常の業務でお忙しい経営者の方や
担当者の方は、
ウェブ制作会社や、
広告代理店の利用を
お勧めいたします。

さて次回は、
「費用対効果ともうひとつの判断基準」
についてお話いたします。