カテゴリー
ヒトモノカネが少ない会社のための、10日でスマホだけで集客を始める方法。

ヒトモノカネが少ない会社のための、たった10日間でスマホだけで集客を始める方法。 Day.6 コミュニティを作ろう

「コミュニティ」とは?

デジタル上で出会い、会話し、交流する。
袖が触れ合うのも何かの縁です。

せっかくお客さん・お客さんに近い人に出会えたとしても、そのままいなくなってしまうのはもったいない話ですね。

そこでおすすめなのが、コミュニティを作ることです。

今回お話する「コミュニティ」とは、インターネットなどを通じて同じ趣旨話題や、同じ目的をもってあつまったグループのことです。

そもそも人間には「帰属欲求」といって、たった一人で何かをするよりも集団(コミュニティ)に属して事を行うほうを好む傾向があるそうです。

コミュニティではメンバー同士でスムーズに、率直に意見を交わしたり、学び合ったりすることができ、あなたとお客さんのコミュニケーションも上下関係ではなく、横のつながりで話すことができるので、より自然な形で商品のおすすめや提案することなども可能です。

基本、特定の人限定で見られるようになっており、一般的な検索では出てこないお客さん同士だけのプライベートな空間を提供することができます。

デジタルマーケティングで集めたお客さんはどんなグループに迎え入れるのが相応しいかを考えてみましょう。
そしてどんな話題を提供するかによってもコミュニティの盛り上がり具合が変わってきます。

また、このようなスペースをもっていると、お客さんのグループ内の発言はオープンではない(不特定多数のユーザーには見えない)ので、自社に対する率直な意見や、正直な感情を伝えることに関してかなり心理的なハードルが下がります。

この部分が最も重要なメリットですね。

・会話できる
・率直な意見を言ってくれる。
・正直である。

この3つは、お金を出してアンケートしたとしても見つけられない自社のビジネスに関する重要な事実をつかむための大きなヒントになると思います。

コミュニティ作りに役立つツール

   メーリングリスト

グループ内限定のメールリストを作り、グループ内のやり取りをまとめて送信するもの。
古来からある方法で、最も簡単に始められるおすすめは、Googleグループ

   LINEグルーブ

LINEで友達になったお客さんをグループに入れればOK。
誰もがインストールしているLINEなので、グループへの勧誘もしやすいと思います。

   Facebookグルーブ

Facebook上の希望者をグループ追加することでOK。
Facebookで無料で使えるこのグループ機能はかなり高機能で、テキスト・画像・動画投稿可能、会員管理、グループ内での違反報告機能、簡単な分析機能まであります。
私が管理している一番大きなグループ「フレンチブルドッグ同好会」は、メンバー数が4,600人を超えているので手動での管理はもう無理かも?と思っていたのですが、機能的な管理者ツールのおかげでまだまだ一人で管理できそうです。

また「グループ盛り上げ達人」「ビジュアルシェアの達人」などメンバーに自動でラベリングしてくれるなど楽しませる機能も大変充実しています。

   他にも、探せばグループアプリ各種、オンラインサロン構築サービスなども利用できると思います。

どのツールもスマホのブラウザやアプリから操作ができるものなので、ある程度の数のお客さんに声をかけて、まずは招待をしてその上で会話してみましょう。

思わぬ意外な使い方が発見できるかもしれませんよ?

カテゴリー
ヒトモノカネが少ない会社のための、10日でスマホだけで集客を始める方法。

ヒトモノカネが少ない会社のための、たった10日間でスマホだけで集客を始める方法。 Day.5 ライブ配信アプリを使ってみよう

スマホでなら今すぐに配信できる!ライブアプリも試してみよう。

今回はスマホマーケティングならではのサービス、「ライブ配信アプリ」をマーケティングに活かすことを考えてみます。 

ネットワークインフラが進化するに連れ、スマートフォンでライブ配信をするのはもう「当たり前」となりました。
そういう面で見ると「TikTok」のようなショート動画プラットフォームや、ライブ配信プラットフォームは、今後多くの人たちが集まる大きなマーケットになり得ます。

 配信するのはテレビ局ではなくて個人から。
しかも、ビジネス目的ではなく、一般の方で趣味で配信をやっている人が数多くいます。 

これがポイントなんですね。 

趣味レベルで動画を配信している人が多くいる中で「あなたは何者であるか」をうまく PR することができれば売り込み臭を出すことなく、一切広告にお金をかけず(逆に投げ銭で儲かる)に沢山の人に宣伝できます。 

カテゴリー
ヒトモノカネが少ない会社のための、10日でスマホだけで集客を始める方法。

ヒトモノカネが少ない会社のための、たった10日間でスマホだけで集客を始める方法。 Day.4 人気SNSを使ってみよう

なぜスマホマーケティングで必要な集客手段といえばSNSなのか?

なぜ今ホームページでもなく、ブログでもなく、まずはSNSなのか?その理由は、スマホの普及が進み、誰もが自由にアクセスできる土壌が出来上がったからです。

カテゴリー
ヒトモノカネが少ない会社のための、10日でスマホだけで集客を始める方法。

ヒトモノカネが少ない会社のための、たった10日間でスマホだけで集客を始める方法。 Day.3 通信する道具を確保しよう

あなたに最適なスマホ・通信回線を選ぶ。

今回はインフラ、スマホのマーケティングでインフラといえば、「通信設備」のことを指しますが、こちらについてのお話をしましょう。

結論からズバリ言うと、「格安SIM」を使うことが一番安く早く簡単にスマホマーケティングのインフラを手に入れることができます。

例えばなんですが、

カテゴリー
ヒトモノカネが少ない会社のための、10日でスマホだけで集客を始める方法。

ヒトモノカネが少ない会社のための、たった10日間でスマホだけで集客を始める方法。 Day.2 必要なリソースは何か確認しよう。

インフラ・メディア・コンテンツ・コミュニティ・測定ツール&分析手法

前の記事では、マーケティングの目的について書いたので、

今回はあなたがスマホだけでマーケティングをするために必要なリソース(行動するために必要な材料・資材のこと)を見ていきましょう。

カテゴリー
ヒトモノカネが少ない会社のための、10日でスマホだけで集客を始める方法。

ヒトモノカネが少ない会社のための、たった10日間でスマホだけで集客を始める方法。 
Day.1 マーケティングの目的をハッキリさせよう。

あなたのマーケティングの目的は何ですか?

あなたのビジネスの業種業態や、あなたのビジネスが今置かれている状況によっていろいろ変わってくると思いますが、マーケティングは、何かしらの目標値を持って行わないとと、ゴールにたどり着くことが出来ません。

目的は、その目標値を設定するために必要なんです。
今日は、マーケティングの目的を決めましょう。

カテゴリー
ハウツー ヒトモノカネが少ない会社のための、10日でスマホだけで集客を始める方法。

ヒトモノカネが少ない会社のための、たった10日間でスマホだけで集客を始める方法。 
Day.0 マーケティングの常識をアップデートしよう。

昭和、平成時代の常識を捨て、忘れてください。

「会社」といえば大きなビルを持って社員さんを何人も抱えて 沢山の資本金を積んで、 大きな大きな事業を回転させて売上を積み重ねていく。多くの人にはそのようなイメージが強いと思います。

そして、今までの「マーケティングの常識」といえば、 テレビやラジオ、新聞広告など、紙媒体が中心でした。折込チラシハガキDMと様々な企画を組み合わせて、莫大な予算をかけて一様に広告を出しまくる。それが当たり前だったんです。

かつてはそれが常識でした。しかし今では…?

カテゴリー
Googleマイビジネス デジタルマーケティング ハウツー 地域集客

Googleマイビジネスの「レビュー」クチコミをしっかり管理してお客様に好印象を与えるたった1つの方法

立松です。
今回はみなさまもご存知、地域集客に高い効果を発揮するGoogleマイビジネスについて、その中でも検索ユーザーが参考すると思われる、レビュー、つまりクチコミですね。

そのクチコミの管理して集客をする方法についてチェックしていきたいと思います。
間違いなく言えるのは「Googleマイビジネスを制するものは、地域集客を制す!
です。

カテゴリー
Twitter アクセス解析 ハウツー

Twitterアナリティクスを使ってみよう!

こんにちは、立松です。
twt-icon
ここ1年ほどの間スマホユーザーの増加、Yahoo!Japanでのキャンペーンや昨年末のツイッター社のセルフサービス広告のリリースなどの影響でデジタルマーケティングでツイッターを使う頻度が増えているのではないでしょうか?
もしも御社でもTwitterを使う頻度が増えているならGoogle Analyticsのようにユーザーの行動を可視化しマーケティングの指標数値を確認しておきたいところです。
そこで今回はツイート状況などを簡単に確認できるTwitterアナリティクスについて見ていきたいと思います。

カテゴリー
テクノロジー デジタルマーケティング ハウツー ブログ

そろそろSSLを導入しよう

こんにちは、立松です。
ウェブサイトがオープンなもの。それはこれからも変わらないと思いますが、
情報の漏洩や機密関係のリスクから最低限の準備をする必要が出てくるかもしれません。
wall-of-keys
以前から、お問い合わせフォームに暗号化(SSL)はプライバシーの観点からは設置が望ましかったのですが、
今後はGoogleが検索のスコアリングの評価条件にしたり、ブラウザのfirefoxがデフォルト表示条件にしたりとSSLが必須条件になる可能性もあります。