とことんシステマチックに考える集客ホームページ

こんにちは、
立松です。
今回はシステマチックな集客、
「送客」についてお話します。
■情報パイプライン
世の中で大きな利益を
生み出す会社には、
何かしらの仕組みを持っています。
仕組みが持たない会社もありますが、
そういうとことが「弱い」
というわけではなく、
持たないから「強くはない」
のです。
仕組みを持っていれば、
非常に強力なキャッシュフローを
組み立てられます。
かつて世の中で、
莫大な利益を生み出した
ビジネスも出るには
みな仕組みがあります。
石油コンビナート、ベルトコンベア、工業製品、
などなど、
これらが仕組みを持っている理由は、
一つ一つの仕事を人間がやっていては
利益が取れないからです。
それを、
仕組みを使って自動化し、
利益をにじみ出させ、
それを器に溜めては
あふれる滴をいただく・・・
脱線してしまいましたが、
伝えたいことは、「仕組みを作ること」
それを真似るのです。
過去に先人たちがやってきたことを
ホームページの世界でもやるのです。
ホームページでのビジネスは、
まず問合せから始まります。
(ショッピングサイトはいきなり購入からですが、
その分ハードルは高いと考えていただいてよいでしょう。)
集客は仕組みにより「送客」になる、
自動的に見込みのお客が降りてくる。
そうなればホームページは
まさに「集客 福の神」
ですね。
今すぐに見込みのお客様の情報が
湧き出、送られてくる情報パイプラインをひきましょう!
■送客のための仕組みづくり
分かりやすいPR
イメージしやすい写真、
明朗会計、
問合せや購入しやすい
フォームやショッピングカートなど。
いろいろな要素があります。
様々なバランスをチューニングしつつ
作る必要があります。
専門的な分野で単なるホームページの
制作知識では到底足りません。
私たちプロは、
その集客ノウハウを日々研究、
検証しつつサービスにフィードバックしています。
正直、大変苦労しながらやっていますが、
それでも本当に効果があるものを
見つけたときには喜びもひとしおです(笑)
よろしければ
一度その「集客品質」を
お確かめください。
要するにホームページ集客は
システマチックに「送客」できる
仕組みづくりにさえ力をかければ後は自動的です。
その地点に到達するまでが
「集客の肝」になると思います。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です