【金庫に入れておきたいほど大事なもの】があなたにはありますか?

立松です。
暑くなってきましたね〜。
写真
今回はブログを書くタイミングが週末ということで「Web集客」自体にはあまり関連がありませんが、読んでみてください。

金庫発見!でも?

お昼に仕事のデータバックアップ用のBD-Rと、家庭用のホットプレートを買いに家電量販店へ。
そこでいろいろ見ていると店の隅っこに気になるコーナーを見つけた。
”金庫コーナー”
「我がオフィスにも!」と物色、値段を見ていた。
いろんなタイプがある。防火防水、データ保存専用板なんてのもある。
機能性は必要十分でしかも、値段もそんなに高くない。
ここで考えました。
さて、買ったら何入れよう?
・・・ん?
あれ、買う気持ちだけが先行していて、
入れるものが決まってないじゃないか?

お金・現金でしょ?

お金じゃない。
ほとんど現金は口座から直接カード払いなので、
大金を持ち歩くことは殆ど無い。

金銀財宝か?

モノでもない。
大切に、大切にしまいこむような家宝は立松家には存在しない(笑)。

思い出のアルバムとか?

卒業証書、写真?ちょっと違う。
思い出は大切だけど、それって金庫に入れておくものじゃないし、
喜怒哀楽、感情、愛情とかの「気持ち」は心の中から取り出して金庫に入れられない。

入れるとすれば

ズバリ信用の証でしょう。
自分の金庫にはお客様からの感謝状とか、感謝の手紙といった”信用の証”を入れておくべきかもしれない。
金庫に入れられるものは、信用と感謝をいただけるぐらいのものを提供する「自信と実力」からしか生まれないと思うから。
でもやっぱりそれは金庫の奥底にしまっておくだけにはもったいないので、
みんなに見えるようにしておいたほうがいいと思っています。
信用の証=自信と実力 × お客様からの感謝数
と、いうことで金庫は買わずに帰ってきましたが、
ズボンのポケットにはなぜか金庫のカタログがしっかり入っていました(笑)

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です