検索エンジン、ソーシャルネットワークの向こう側にいるお客様に声をかける方法

立松です。
8月の初日、私はレポート祭りなのですが例によって暑さでバテ気味です。
画面の向こう側
そんな状況でヘロヘロですが、負けずにブログをおとどけしたいと思います(笑)

まずはキーワードで調べてみる。

今、キーワードベースでの調査は簡単にできますね!
Googleのアドワーズアカウントを作成すれば「キーワードプランナー」が利用できます。
スクリーンショット 2014-08-01 15.04.00
また、フェレットプラスの「キーワードアドバイスツール」や
スクリーンショット 2014-08-01 15.02.48
「キーワードウオッチャー」など無料である程度のところまでは調べることができますね。
スクリーンショット 2014-08-01 15.02.17

セグメント(属性・場所など)を調べる

次に、なんと驚くべきことにどんな人達がどんな場所にいるか?なんてことも大まかでは有りますが調べることができます。
こちらもGoogleアドワーズのアカウントを作成することで使える、
「ディスプレイキャンペーンプランナー」というツールです。
スクリーンショット 2014-08-01 15.03.11
これは興味関心や、サイトの情報を入力することで関連する情報をざっと調べてくれるスゴイツールです。
Googleのディスプレイネットワークに限られるようですが、それでも年齢・性別・デバイスなど数字が簡単に参照でき、かなり役に立ちます。

宝の山を発掘しよう!

こんな感じで数年前とは比較にならないほど簡単な市場調査が数秒でできる!
あなたなら、どう使いますか?
私なら、見込み客のに近い集団を調べてメッセージを届けます。
それが一番成果に近い方法ですからね。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です