これからの時代の「集客方程式」を考える

こんにちは、立松です。
今日は、今から近い将来にわたり集客時にチェックすべき「集客方程式」を考えたいと思います。
Surface_normal
よくあるのは、デジタルメディア上でリスティング広告やソーシャルネットワークの広告を徹底的に最適化して掲載してもほとんど反応のないケース。「デジタル×広告」で集客している場合です。

デジタル広告だけだと・・・

「デジタル×広告」で露出しているのに反応がない。
これは、実は対象となるお客様がPCやスマホを使ってネット検索やネットブラウジングをすることがほとんどない事を意味します。ネット上にいないのです。
せっかく費用をかけて準備した広告キャンペーンなのに、
対象のお客様はそもそも「ネットを見てない。」のです。
これではいくら待っても、広告やページの内容を良くしても、ネット広告の費用を増やしてもお客様がやってくるはずはありません。

デジタル×広告のもう一つの問題解決に必要なもの

もうひとつ反応がない要因となっているのが、ネットで広告を見ても、それだけでは行動が起こせないという人も大勢いるということです。
やはり顔見知りの誰かが保証、というか太鼓判を押してくれなければ重い腰が上がらない!という方も多いと思います。
ネットだけで信用を得るのは至難の業、最近ウェブサイトを立ちあげたばかりの会社をどれくらいの人が信用してくれるでしょうか?そうなってくると、ネットでの信用情報は他人の噂=口コミやレビューと言ったものを使わざるを得ません。
今後この人の言う事というのは集客においてドンドン重みが出てくる部分だと考えられます。
そうすると、「デジタル×広告」に、「口コミ」も必要になってきます。
「デジタル×広告×口コミ」ですね。

アナログ媒体と組み合わせる

広告の面でもうひとつ、「デジタル×広告」だけではダメなのですから・・・
次は顧客が情報を集めるために使っているアナログの媒体を探す必要がありますね。
チラシ・DM・ファックス・新聞・ラジオなど
これを見つければ、ここからデジタル、ネット媒体の方へ誘導する事は今の時代、
そんなに難しくはありません。便利な時代です。
ここでは「デジタル×広告×アナログ」になりますね。
「デジタル×広告×口コミ」
「デジタル×広告×アナログ」
2つの共通項をまとめると、
「デジタル×広告×アナログ×口コミ」となります。

お客様をホットに

そしてさらに、もう一つ加えるなら、
ブランド力としてエンゲージ度(ブランドに関わる行動度合い)でしょうか。
御社というブランドに対する行動喚起の度合いですね。ブランドに対してホットかどうかですね。
「デジタル×広告×アナログ×口コミ×ホット度」
売り上げ面まで考えるとこれに成約・販売率や、リピート率、単価を計算してやれば、
良いと思います。

これが集客方程式!

「集客数の確保 = デジタル×広告×アナログ×口コミ×ホット度」
これが今〜近い将来までの集客方程式です。
いかがでしょうか?他にも要素はあるし、細かく見ればもっと噛み砕けると思いますが、
この程度が一番分かりやすいかと思います。
アインシュタインも「問題が起こったのとは同じ階層では問題は解決できない」と言っています。
ひとすら問題となっている1点を見つめ続けるのではなく、他の点も使って考えれば新たな対策が立てられやすくなるかと思います。
集客にあたり、反応がいまいち薄い場合はまずこの5点をチェックしてみてはいかがでしょうか?

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

“これからの時代の「集客方程式」を考える” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です