お客様のイメージが具体的でないとダメな理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、立松です。
スーパームーンの月明かりを浴びつつ、仕事をしています。
IMG_5612

今回はお客様のイメージ、具体的な顧客像について考えてみたいと思います。

具体的な顧客像とは?

一言で言うと、
「あなたの会社の商品やサービスを買ってくれる人はどんな人か?」
です。

さらに具体化したものを「ペルソナ」と呼んでいますが、
これは有名な言葉なのでお聞きになったことがあるかも知れません。

男性か、女性か?

どこに住んでいる?

年齢層は?

どんな職業か?

趣味は?

服装は?

どんな車に乗っているか?

・・・いろいろな面で具体化できますね。

具体的な顧客像が必要なワケ

なぜ具体化した顧客像が必要か?というと・・・

それはズバリ、
「正確な仮説が立てられない」からです。

仮説が立てられないと、ターゲティングなどの条件も当初からあやふやで最適な費用対効果が見込めないことがほとんどです。
これではダメですね。

マーケティングは博打でなく、科学です!
・・・と、かのダン・ケネディ氏も述べられています。

しっかりとした仮説の上のターゲットからの反応数値を見て最適な流れを作るのが王道。
それはウェブサイトを使ったデジタルのマーケティングでも道理はまったく同じです。

簡単に顧客像を具体化するには?

すでに既存客の中に「この人はいいお客さんだな~」と思える人がいらっしゃると思います。
一番簡単なのは、その人をモデルにして理想の顧客像を具体化することです。
顧客データベースやCRMをよ~くみて、理想的な顧客像のモデルになる人がいないか探してみましょう!

それでは、また次回!


お知らせ

10月28日(水)、大阪堺筋本町の日本パーソナルブランド協会様にて「Youtubeで自分の番組を持つ方法」と題して、スマホだけで簡単にYoutubeチャンネルを運営する方法と、PR動画の作成ワークを含んだセミナーを開催します。
「ちょうど知りたかったんだ。」「動画での集客に興味がある。」という方はぜひご参加ください。
初心者の方に嬉しい特典もあります。【限定先着順10名様】

セミナーのお申し込みはこちらから



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする