Yahoo!プロモーション広告のYahoo! ディスプレイアドネットワーク (YDN)

こんにちは、
立松です。
Yahoo!リスティング広告からプロモーション広告へと名称が変わったのと同時に、
コンテンツ連動型の広告ソリューションも名前を変えました。
単に、名前がカッコ良く変わっただけなんでしょうか?・・・そんなはずないですよね。

以前インタレストマッチと呼ばれていたものと新たに追加されたものを含め、
YDN・ヤフーディスプレイネットワークという名前に変わりました。
(引用元:http://advertising.yahoo.co.jp/newbrand/)
Yahoo! JAPANや主要提携サイトのコンテンツページに広告が掲載されます。
ターゲティングやマッチングなどさまざまなテクノロジーを駆使した効果的な広告を
Yahoo! JAPANの膨大な質の高いネットワークで展開します。
画像形式の広告配信やリターゲティング広告など、さまざまな広告配信も予定しています。

特定テーマでの訴求や、
潜在顧客層はのアピールが可能とありますが、
ここで比較したいのがGoogle display Network。(GDN)
文字面だけですと、特徴が少し前のGDNディスプレイ広告と似通っていますね。
Yahoo!の広告システムよりも2歩も3歩も先を行っていた感のあるGDNですが、
リターゲティング広告にあの有名なリターゲティング広告システムCriteoが入ってくるなど
機能的には見劣りしないレベルになってきているという印象を受けます。
まだ業務上での運用のご依頼はありませんが、
今後簡単に出向できる露出機会の確保としてGDNと並びYDNが1つの選択肢になるのでは?と考えております。
何にしてもまずはみなさんの商品なりサービスなりを掲載して手ごたえを確認する必要があります。
名前は変わってもスポンサードサーチやYDNは参入障壁の低いリスティング広告です、
露出コスト・獲得コストのコントロールは簡単にできますのでぜひお試しください。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア