成功するホームページと失敗するホームページの違い

こんにちは。
タテマツです。
前回まででホームページの概要は
ご理解いただけたと思いますので、
今回はホームページの
「反応を上げる」方法と、
ビジネスに活用する方法について
お話したいと思います。
さて、
まずあなたももご存知のように
ホームページは、
ただ制作しても問合せが増えたり
売上が上がるということはありません。
でも、
実際に売上が上がるホームページは
世の中にたくさんありますし、
成功しているホームページオーナーも
非常に多くいらっしゃいます。
では、
その違いはどこからくるのでしょうか?
1.なぜお客さんの反応がないのか?
 ネット広告や検索サイト(SEO)対策をし、
ある程度アクセスがあるのに
お客さんの反応が全くない、
という悩みを持つ経営者は少なくありません。
アクセスがあるのにどうして反応がないのか、
その理由を少し考えてみましょう。
インターネット利用者は複数のホームページを比較する
最初にインターネット利用者の
行動を考えてみましょう。
インターネットユーザーは
インターネットを利用する際に、
複数のホームページを比較しながら
情報を集めようとします。
特に、
商品やサービスの購入を
考えている場合は申し込みをする前に
複数のホームページにアクセスして、
じっくりと比較検討してから行動をします。
あなたももそういった
ご経験をお持ちでないでしょうか?
インターネットの世界では、
実社会と違い複数の店舗に行くことなく
簡単に他の商品やサービスを
比較することができるのです。
従って、
あなたのホームページを訪れる人は
確実にライバルのホームページにも
訪れているのです。
お客さんは、
あなたののホームページと
ライバルのホームページを比較してから
どちらかに資料請求や
問合せをしてくるのです。
比較の結果、
ライバルのホームページをお客さんが
選んだ場合は御社への問合せは
発生しません。
もし、
御社のホームページがライバルよりも
見劣りしているなら、
確実にライバルにお客さんを
奪われ続けるのです。
なぜライバルに負けるのか?
お客さんをライバルに奪われる理由は
いくつかありますが、
大きく分けて2つの理由が考えられます。
理由1)ホームページの信頼感がないため、
お客さんが怖くて問合せできない。

理由2)ホームページがお客さんにとって、
全く役に立たない。
御社のホームページと
ライバルのホームページと比較して、
お客さんがライバルのホームページのほうが
「信頼できる」、
もしくは
「役に立つ」
と判断した場合は、
御社ではなくライバル会社へと
流れていくのです。
では、
どうしたら「信頼できる」ホームページや
「役に立つ」ホームページ制作が
できるのでしょうか?
続きは次回お話しますね。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です