バナー広告の特徴と使い方

こんにちは。
たてまつです。
今回はバナー広告についてお話します。
正式にはバナー純広告と呼ばれていて、
国際標準規格でサイズなどが決められており、
もっとも派手で目に留まりやすい広告です。
イメージが伝わりやすいことから、
会社や商品のブランディングなどに使われます。
バナー広告は皆様ご存知のヤフーなど
ポータルサイトで頻繁に使われており、
規模が大きく商品力の強いがある会社には
大変有利な広告手法です。
リーチが広いため、
アナログのマス広告的な使い方もできる上、
ネット広告ならではの効果測定も
正確に行える広告媒体です。
ただ、
一般的なクリック率は0.2%と低く、
表示回数保証型のバナー広告ですと、
ほとんどクリックされないまま
広告掲載が終わってしまう、
という可能性もあります。
そういったことを考えると、
小売店様など小規模企業様には
クリック毎に課金されていく
費用対効果の高いリスティング広告
オススメします。
さて次回は、
 「自分でもできるYahoo!SEO対策のポイント」
をお話します。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です