「ライブ感」のあるホームページ集客とは?

こんにちは
立松です。
今回は「ライブ感」について
お話ししたいと思います。
■いつも同じでは魅力がない
チラシなどの紙媒体でも、
ホームページでも、
季節によって
いろいろなイベントに対応していく努力は
集客を本気でするなら絶対に必要です。
それを怠ると、
集客の効率はガクンと落ちてしまいます。
1年間通して同じ内容の広告を
使い続けられる業種が、
果たしてどのぐらいあるのでしょうか?
私はそんなに多いとは思いません。
今のような暑い夏の時期に
洋服を買いに行ったとしましょう。
そこで、接客してくれる店員さんが
真冬の寒い時期に着るような
ボアつきのコートを頭からかぶっていたら、
どう思いますか?
極端な例ですが、
季節感が全くないという印象を通り越して、
「どこかこの人は感覚がおかしいのでは?」
なんて思われても不思議ではありません。
このように集客で訴求を魅力的にするには、
最低限、
今どんな時期なのかを意識して、
お客様はどんな時間・季節感覚に
移り変わっているのかを推し量ることを
していく必要があるでしょう。
ですので、
時期に合わせてスピーディーに
仮説を組み立て、
コンテンツを用意したり対策をしたり
することはホームページ集客で
大変重要です。
■スピードは質に勝る
また、スピーディーに対応することで
お客様からの見方も良い方向に変わります。
「あ、ちゃんと新しい情報になっている」
「刻々と手間をかけて更新されていて信頼できる」
などの好印象をもたれます。
また仮設検証をスピーディーにすることによって、
間違いに早く気付き、
より効果的な違う仮説を検討・実行し
集客上のロスをなくすことが出来ます。
何がいいたいのかいうと、
「ゆっくり、しっかり」よりも
「素早く、簡単に」の方が
結果的に効果につながりやすいのです。
これはホームページ集客に限ったことではなく、
学習効果などにも通じることだといわれています。
■ライブ感を出しやすいのはホームページ
ホームページでの集客は
特にスピードをつけた
ライブ感のある対応が可能で、
アクセスログを見ながら、
数時間毎にお客様の反応に
対応していくことが出来ます。
これは、
従来の紙媒体や
テレビ・ラジオではマネが出来ない
芸当です。
このように現段階で、
一番ライブ感を持った集客方法はホームページで
(モバイルならなおさらです)、
半日など短い時間で、
あっという間に集客施策の結果が
出せます。
もう一段階進めれば、
このライブ感自体をシステムで
自動にコントロールするツールもあります。
こういったことが難しくない時代なのです。
誰でも、簡単に始められます。
スピードをともなった、
ライブ感のある訴求やPRで、
今このときを生きているお客様に
しっかりPRしていきましょう!

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です