数百万クラスのビデオ会議システムと同等以上?Googleハングアウトのススメ

こんにちは、立松です。
今回は日頃私達がお客様と打ち合わせする時に使っているツールのお話です。
ついこの間まで、TV会議システムというと大掛かりな装置が必要だったり、
導入に大きなコストがかかったりと小さな規模の会社ではなかなか使うことが難しいものでした。
個人ならなおさらで「電話やFAXでも十分だね。」となってしまいがちでしたが・・・
KOMU Sarah Hill G-Plus Hangouts - pix 01 - Sarah, Location

今は違います。
Googleのハングアウトというツールが一変させてしまいました。(画像は英語版のもの。)
【Googleハングアウト詳細はこちら】

Googleハングアウトのできることと、最大のメリットは?

・チャット
・音声通話
・ビデオ通話
・スマートフォンやタブレットとも会議可能
ここまでは無料で通話できる「スカイプ」とほぼ同じなのですが、
大きく違うのは・・・・

複数人(3人以上)で「画面の共有が無料でできる」

これが最大のメリットです。
お互いのPCの画面を共有できるので、
口頭ではなく画面上で間違いのない指示・確認ができてミスも減ります。
自分のパソコンの中にあるワードやエクセル・写真、画面に映るものは何でも共有できます。
イメージしにくいものがあれば画面共有のボタンを押すだけで相手に伝えることができるのです。
ハングアウトでは最大10人まで会議に参加でき、
Googleドキュメントを使って会議中に複数のメンバーで文書を共有して修正し合いながらなんてことも可能です。
そういったデータは後から検索もできます。なんといってもGoogleですから!
他にも色々な機能がありますが、
恐らくこれからもどんどんアップデートが続いていくでしょう。
私自身は仕事のやり方がこのツールで全く変わってしまいました。
今までFAXで見ていたものはリアルタイムで会話しながら、「こことここをこうして欲しいんだけど・・・?」
なんてやり取りですぐにチェックができるようになりましたので、大幅な時間カットです。
今はハングアウトがあるので離れていても、パッと見せたいものが見せられるので無問題です。
また自分は名古屋・滋賀で仕事をしていますので、
東京や福岡のお客様の所まで出向いていって打ち合わせをすると、
一体どれぐらいのコストがかかるのか?
もしも今の頻度で出張会議をしていたら頑張って作った売り上げなんかあっという間!
仕事で一番かかるコストは交通・物流の類いですから大いに当社のビジネス効率化に貢献しています。
しかも理解度は実際にお会いしてする打ち合わせと同じか、
記録ができる分上です!(そのまま議事録にもなりますね。)
6963131702_a1037a4a0f
必要なのは、Google+のアカウントと、カメラとマイク付きのデバイスのみで、ソフトを購入したりインストールする必要もありません。
最近のノートPCにはカメラ・マイクが標準装備されているものが多いのですが、
ついてなくても三千円もあれば十分質のよいカメラとマイクが購入できます。
無駄を省き、より大切な時間を確保するのはビジネスマンに取ってこれから命題のはずです。
「顔を合わせて」打ち合わせ、と同時に持っている資料も付き合わせることができる「ハングアウト」、
コミュニケーションを深めるためにもぜひ使ってみてください。
(スカイプとの比較でちょっと間違いがあったので追記 2013/7/9)

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です