カテゴリー
ヒトモノカネが少ない会社のための、10日でスマホだけで集客を始める方法。

ヒトモノカネが少ない会社のための、たった10日間でスマホだけで集客を始める方法。 Day.3 通信する道具を確保しよう

あなたに最適なスマホ・通信回線を選ぶ。

今回はインフラ、スマホのマーケティングでインフラといえば、「通信設備」のことを指しますが、こちらについてのお話をしましょう。

結論からズバリ言うと、「格安SIM」を使うことが一番安く早く簡単にスマホマーケティングのインフラを手に入れることができます。

例えばなんですが、

携帯大手各社(以下キャリア)のスマホをマーケティングなどの事業目的で使おうとすると、ドコモやauやソフトバンクなんですが月々5,000円以上はする金額を支払って契約することになりますので、スタートアップのなるべくお金が少ない時期にはこれは避けたいですね。(最近ではドコモにて5G対応で3,000円以下の安いプランAhamoも出てきてはいますが…全体的には割高感があります。)

キャリアで回線を契約せずに、別途モバイルルーターを購入するという手もありますが、そちらも大体通信料は3,000円~3,500円ぐらいまでが一般的な料金なっていますので、割と高めです。

できればここはなるべく安く済ませたいのですが、スマホでマーケティングするにあたり通信スピードは妥協したくないですね。

そこでマーケティング業務に使えるレベルの通信スピードと品質、安さを兼ね備えたインフラをどのように準備するのか?についても見ていきましょう。

なぜ格安SIMが良いのか?

まずなぜ「格安SIM」の料金が安いか?と言うと、ドコモ・au・SoftBank各キャリアの通信回線を回線販売業者が借り受けて、それをそのまま割安で販売しているからです。
なので、4Gなどの高速回線でも割と低料金で利用することが可能になってます。

私も業務で格安SIMを利用していますが、キャリアの通信速度と全く遜色ない速度で使えなんの問題もありません。必要十分なスピードと安定した通信が行えていて満足しています。

もちろんこれは、格安SIMの提供会社によって差があると思いますが、評判の良いところを選べばキャリアと遜色ない性能出すことができます。

格安SIMの会社には色々ありますが、その中で個人的なオススメは、UQモバイル、ワイモバイル、BIGLOBE、LINEモバイルなどです。

UQmobileは、KDDI/auの回線を使った格安SIM会社なんですが、回線の速度も高速で安定しており、評判もいいです。

ワイモバイルはソフトバンクの回線を使った格安SIM会社で、こちらも低料金で高速回線を提供しています。

そしてBIGLOBEモバイル、こちらは最近KDDIの子会社になりましたが、au回線、ドコモ回線を使って料金を格安の高速通信を提供しています。

もう一つ、LINEモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクそれぞれの回線で通信を通信サービスを提供していますが、一番の特徴は、通信料の上限が来ても他の会社では低速回線になってしまうのですがLINEアプリを使う際にはその制限が免除されていますが大きな特徴ですね。(LINEフリー)LINEを電話代わりに使ったりビデオ通話したりという方は、とても使いやすいんじゃないでしょうか?

さて、これらの通信回線でもう1段階料金を引き下げるポイントなるのは「音声通話」です。

例えば、現在のUQMobileの通信量3GBのプランでは、音声通話は2,178円/月~となっていますが、これをデータ通信のみのもの変えると、1078円/月となります。
「音声がないと電話できないじゃないか?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
確かに、ケータイで話しっぱなしのような、音声通話がビジネスの核となるような仕事の方には向いていないのですが、それ以外の方(こちらが大多数だと思います)、音声通話をそれほど重要視しない場合はどうでしょう?

今は、IP電話と言ってデータ通信さえ出来ていれば電話がかけられるサービスが有り、音声通話の契約なしで普通に話ができてしまいます。

また、電話番号にこだわらなければLINEモバイルなどをつかうことで、LINEで何時間通話をしたとしても0円でコミュニケーションを取ることが可能です。

あなたの条件に合う格安SIMを探してみましょう。

価格ドットコム 格安SIMカード比較|MVNO・キャリア25社
https://kakaku.com/mobile_data/sim/

肝心のスマホはどうしたらいい?

この文章を読んでいる方でまだスマホを持っていらっしゃらない方は、いないかもしれませんが一応書いておきます。

スマホには大きく2種類、AppleのiPhone、GoogleのOSを使って各社が製造販売しているアンドロイドがあります。

大多数の日本人に使われていて大人気のiPhoneですが、この記事ではAndroidの端末をお勧めとして挙げさせていただきます。

その理由の1つは、Googleの各サービスにアプリレベルで対応している機能の数が、iOSに比較して多かったり、新機能の提供がiOSよりも早い時期に実装されるなど、Googleが作っているケータイとしてメリットがあるからです。

そして、AndroidはOSやアプリ設計の自由度がiOSよりも高いため、良い意味で「規格外」の便利ツールがリリースされることが多い。
iPhoneではリリースされていないような便利ツールがAndroidではかなりの数リリースされています。

さらに、Android端末の単価がiPhoneの端末に比べて割安なのも見逃せません。

iPhoneの以前のモデルがまだまだ5万円を切らないような状態でも同じようなバージョンのものがAndroidなら1万円から2万円程度で手に入る場合も多々あります。

こういった理由で、資金を節約してスマホマーケティングをしたい方にとっては、

Androidを使うメリットが非常に大きいですね。

実際購入する際には、携帯ショップなどに行って購入するよりもネットでスマホの端末を条件の合うものを検索して購入する方がお得に手に入れることが多いです。

「白ロム」という端末を探せば、キャリア各社で販売されている新品よりも、安く高機能の端末を手に入れられます。

ムスビー/中古ケータイ・スマホ専門サイト

公衆・フリーWi-Fiスポットを活用しよう。

格安SIMを使っていると、どうしても通信量の限界にぶち当たってしまう時もあるかと思います。

そんな時はどうしたらいいか?というと、街中で、あちこちにある公衆Wi-Fiを使って乗り切りましょう。

公衆フリーwi-fiは大手コンビニ各社、カフェ、ファーストフード店、空港や駅などでも提供されています。

事務所や自宅の近所にも、よくよく観察してみるとこのようなフリーwi-fiが利用できるところが何箇所も見つかると思います。

これらのフリーWi-Fiをうまく使うことで、月末のギガ不足も乗り切って、節約しながらスマホマーケティングができるようになるのです。

ひとつ注意点は、フリーWi-Fiを使っていると、うまく繋がらなかったり、速度的にとても遅かったりして使い物にならないという場合もあります。

なので安心して使える、事務所の近く・お住まいの近くのスポットをあらかじめ探しておきましょう。

先ほどの格安SIMの会社と契約すると、そういったWi-Fiスポットのサービスが一緒についてくるところもありますので、それを使ってもいいと思います。

日常よく利用する施設、例えばJRならJR Wi-Fiなど、各交通機関の提供するWi-Fiがあると思いますのでそういったものを利用しましょう。

またスターバックスやタリーズなどカフェ各社のWi-Fiも利用しやすいと思います。

このように、あなたが利用しそうな場所で利用できるかどうか、あらかじめ各社のホームページで調べておくのもいいでしょう。
(私がよく使うのはファーストフード系モスバーガー提供のモスバーガーWi-Fi、交通系では新幹線車内で利用できるShinkansen Wi-Fi)

全国の無線LAN/Wi-Fiスポット

無料で高速回線も難なく通信できる、フリーWiFiをうまく使って通信料を節約し、スマートなスマホマーケティングをしていきましょう。

次回は、スマホマーケティングで最大限に使っていきたい、
「SNS」について書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA