地域限定で集客【アドワーズ編】

こんにちは、
立松です。
今回はGoogleのリスティング広告、
アドワーズで地域的に絞り込んで
集客するときの設定方法を
書き出します。
リスティング広告で地域配信をする意義は?
集客の効果的には薄いのかもしれませんが、
マーケティングのテストとしては
大いに意義があると思います。
なにより、DMハガキやチラシよりも安く出来ますし、
反応が数字となって正確に返ってきます。
こういったデータを下に判断して、
全国キャンペーンにうって出たり
SEO対策を施してもいいでしょう。
■設定画面の表示方法
「ホームページでお客を集める方法」研究所-キャンペーン一覧
まずは、アドワーズ管理画面にログインし、
キャンペーンのタブを押して一覧へ移動します。
そこで、地域設定を行いたい
キャンペーンをチェック選択して、
「設定」タブを押します。
一覧が表示されますので、
キャンペーン名を選択して
管理画面へ移動しましょう。
「ホームページでお客を集める方法」研究所-キャンペーン設定
設定画面に移ったら、
ページの上部、
上から2番目の地域と言語で、
「編集」をクリックします。
これで地域設定の画面が表示されますので、
ここで色々と調整、設定していくことになります。
■広告配信地域の設定
「ホームページでお客を集める方法」研究所-国選択
一番左のタブは「バンドル」で、
国ごとの指定が出来ます。
(例:広告配信地域を日本、台湾を設定する)
「ホームページでお客を集める方法」研究所-県選択
その次が「ブラウズ」で、
チェックボックスにチェックを入れたり消したり
して地域スケールを変えたり細かく指定をすることができます。
アドワーズは
都道府県単位はもちろんのこと、
市区郡単位まで対応しているため、
Yahoo!リスティング広告よりも
高い精度地域配信の設定が可能です。
「ホームページでお客を集める方法」研究所-地域検索
他にも直接地区名を検索指定できる
機能などもあり、至れり尽くせりです。
「ホームページでお客を集める方法」研究所-市区郡レベルで選択
Googleマップ画面上で対象地区を表示させて、
そこをクリックしても設定が可能です。
これなら間違いがなさそうです。
 

お金をかけて集客する時気を付けるポイント

こんにちは、
立松です。
今回は有料広告についてお話します。
■利益が出始めてからちょっとずつが基本
ホームページ集客で
商売が軌道に乗り始めたら、
少しずつ有料の集客、
「有料広告」
を使うことも
考えていいと思います。
有料広告は、
以前にもお話したリスティング広告や
バナー広告、
いろいろなブログやホームページで
広告を載せられる「アフィリエイト」広告など
非常にたくさんの種類があります。
ひとつひとつの特性を
きちんと理解して、
利益が確保でき始めたら
中から広告費を確保して
挑戦していきましょう。
■目安を決めておく
さて、その広告費用の目安は
一体どのぐらいで
考えればいいのでしょうか?
それは集客を行う方によって粗利率の違いなどで
違ってくるとは思いますが、
例えば20%までを目安とすると、
利益を確保しつつ効果的に
広告を打つことができます。
■やはり重要な判断基準「費用対効果」
有料広告は
代表的なものでYahoo!リスティング広告や、
グーグルのアドワーズがありますが、
どんな広告でも重要なのは、
やってきたお客様の人数に対して、
かけたお金は妥当なのかどうなのか?
を判断することです。
そう、費用対効果です。
これを絶えず意識して
行うようにしましょう。