感情を売れ!

こんにちは、立松です。
さっき仕事仲間とハングアウトでミーティングをしていたところ、10/22発表されたばかりの「iPad Air」を買うか、「MacBookPro」を買うか悩んでいるということを言っていました。(贅沢な悩みだな!と思いつつ。)
7491566220_e563643a61_z
聞くところによると、iPad Airや、MacBookより性能が良くて価格が安いものは結構他にもあるんですよね〜。じゃあ、どんな理由で割高なiPadやMacを買うかというと・・・

「かっこいい」から

スペックや価格はもちろん買う時の判断材料としては入っていると思いますが、最も判断を左右するものは?
彼に「なんでMacを買うの?」
と聞いてみたところ、少し時間を空けて・・・
自分も彼も声を合わせて「かっこいいから」と。
答えは”感情”なんですね。
そうなると、全く感情的な事を加味しない広告は効果が薄いのは当たり前だし、
感情的なトリガーになるキーワードの類いに関してはさらにストーリー性を持たせて感情を揺さぶり、
「この製品やサービスを使うと、こんな感情になれる」という事を匂わせつつ集客を必要があります。
「人間は感情の生き物である」という、
いざ集客という時に忘れてしまいそうな事実をしっかりと覚えておく必要がありますね!
無良サイト診断・お問い合わせはこちらから

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です