忙しいから書けないんじゃなくて、自分にとって発信するべきことがなかったから書かなかった!

立松です。
本日は個人的に”忙しかったのでブログがしばらく書けなかった!”なんてことを書こうかなと思っていました。
”忙しかったので更新できませんでした!”はよく色々なブログで見受けられるフレーズなんですが・・・実は違うんです!
silhouette-114436_640
忙しいから書けないんじゃなくて、自分にとって発信するべきことがなかったから書かなかった!
そうでないといけません。
その理由は以下。

発信する情報は検索エンジンはもちろん自サイトの対象者を意識するために

まず、自社のビジネスサイトなら検索エンジンのキーワード対策として考える必要があります。
それが取り組まれているビジネスに関連のあるものなら問題はないのですが、全くビジネスと無関係のお話を書いたとしても、検索エンジンには関連の薄いコンテンツを読み取られて意図しないキーワードでの流入を招いたりすることもあり得ます。
もうひとつ、自社のビジネスの見込顧客となる訪問ユーザーの目から見た時に、関連性の薄い投稿をつづけているちブログ自体のテーマがブレて一体何のブログかが分かりにくくなってしまいます。これは避けたいところですよね?

自分のブランド醸成のために

日記的なことを書くのも良いとは思いますが、わざわざ自社のビジネスブログに書かなくても今はそういうサイト、他にも有りますよね?
そう、facebook等のソーシャルメディアがあります。
このフェイスブックのタイムラインもある意味自己ブランドを醸成する場となっている感はありますが、グーグルが対検索エンジンとその先の検索ユーザーに対して、こちらはリアルな人間関係のつながりの中でのブランディングとなります。
つまり基本的に”もうある程度知っている”関係でのブランディングができるものです。
ビジネスで使うブログには、ビジネスに関連した・未知の・新しいユーザーさんをたくさん呼び込みたい!
ということなら、やはりビジネス関連性の高く自分のがなんの専門家であるかを自己ブランドを醸しだすような記事をしっかり書いて新しい顧客との接点を持つべきです。

ビジネス関連性の強い情報発信を積み重ねよう

いかがでしょうか?
偉そうに書きましたが、自戒の念を込めて。
”自戒の念”も良くブログで見ますね・・・(笑)
関連性は検索エンジンでも、広告でも、人の目(ソーシャルメディア等)でもすごく重要な事なので、ビジネス関連性の高い情報を積み重ねて配信して多くのお客様を集められるよう日々歩を進めましょう!

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です