Yahoo!プロモーション広告(スポンサードサーチ)の地域設定を使おう!

立松です。
今回は前回に引き続き地域指定方法、Yahoo!プロモーション広告(スポンサードサーチ)での方法を見ていきます。
000

まずは管理画面にログイン

まずは「Yahoo!ビジネスセンター」にログインして、
それからYahoo!プロモーション広告の「広告管理ツール」→「スポンサードサーチ」に移動しましょう。
それから広告アカウントを選択して、地域指定を行いたいキャンペーンを選択します。
キャンペーンを選択するとお知らせ・概要の下あたり画面中ほどに、
「キーワード」「広告」「広告グループ」「キャンペーン」「ターゲティング」「広告表示オプション」というナビゲーションが表示されるので、
「ターゲティング」をクリックしてください。
001
そうすると、ターゲティングを設定する画面に移りますのでそこで「地域」を選んで、「+地域を編集」というボタンを押してください。
002
地域を指定するキャンペーンを聞いてくるので、該当のキャンペーンをクリックすると、
003
アドワーズの様に地図での表示はありませんが、地域指定の設定画面が表示されます。
004
Yahoo!プロモーション広告では、都道府県レベル・都市レベルでの指定が可能です。

設定例

またかとお思いでしょうが・・・
例えばあなたが名古屋の中川区にお店を持っていて、名古屋市内全域にYahoo!でリスティング広告を掲載したいとお考えの場合は?
さきほどの地域指定の設定画面から設定します。
005
設定画面上の検索ボックスから直接地域名を入力しても、選択肢を選択してもどちらでも地域の指定は可能です。
それでは設定します。
「名古屋」っと・・・。
006
ここで配信をクリックすると、設定画面右側の「配信地域」に指定した地域名が入り地域ターゲティングが有効となります。
お目当ての地域の指定を終えたら、適用を押して地域指定の設定は完了です。
007
今回は名古屋市だけなので、一つだけで終了です。
ちなみに配信除外地域の設定は、配信設定画面の各地域名の横にある「配信」「除外」のうち、「除外」をクリックすれば配信の時と同じ様に設定画面右側の除外地域のボックスに入り、除外設定が有効になります。
008
また都道府県単位でのターゲティングは、インタレストマッチにも反映されます。
名古屋でのターゲティングで手応えを感じたら、徐々に周辺地域にも拡大したり、
逆に名古屋以外は全くダメだったので、配信地域の再検討をしたり、これらに関しては実際に広告の状況をチェックする必要がありますが、
ご自身のビジネスが既存とは異なる商圏で実際どこまで通用するのか?の試金石にも使えると思いますのでぜひ一度お試し下さい。
いかがでしたか?
次回はfacebook広告の地域ターゲティングをやってみたいと思います。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です