新しい時代の広告媒体はインターネット

「インターネットをどう集客に使えばいいのか、その対策は?」

日本のインターネット人口は(2009年4月/総務省)
9,408万人、普及率は78%となっています。
2012年、スマートフォンの普及や回線の整備が進み、
さらにネット人口の増加が進んでいます。

今やどこに行っても、
何をするにしてもインターネットはなくてはならない必需品になっていて、
スマートフォンなどのモバイル端末にいたっては、

朝ベッドで目が覚めてから、
夜ベッドで眠りに付くまでの間、

1日肌身離さず身に着けて、
絶えずインターネットと
つながっている状態がもう当たり前になっています。

逆に「つながっていないと不安だ。」という人も
多いのではないでしょうか?

インターネットの集客ではネットワークの巨大さのため、
自社のお客様になる人を探しに「広大な海」に航海に出るよりも、
アクセスしてきたユーザーにきちんとおもてなしをするための
デザインや仕組みを用意して誠意ある対応をする方法が
ネット業界での集客の常識になっています。

そしてアクセスしてくるユーザー=お客様なのですが、
その方は私たちのサイトの「もてなし」で
喜んでいただける方でないと本当の集客とはいえません。

意図したものと違う情報がある場所につれてこられても
迷惑なだけですからね!

そのもてなしを心から喜んでいただける
お客様を私たちは”ゲスト”と呼んでいます。

”ゲスト”は喜んで商品を買ってくれますし、
いろいろなアドバイス、提案に聞く耳を持っている理想的な顧客です。

この”ゲスト”を数多くお客様リストとして持つことが、
「どう対策すればいいのか?」が御社がこれから
実行していくアクションの軸になります。

じゃあ、どうやって集めるのか?
”ゲスト”を呼ぶには御社独自のマジックワードを探し出す必要があるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です