地方の中小企業が考えるべきマーケティングの方法とは?

東京以外の地方都市など限られた商圏で中小企業が考えるべきマーケティングの方法とは。
地方の町並み
ご依頼いただくお客様のほとんどは、
実店舗をお持ちであったり、商圏が決まっていたりして地域ターゲティングをリスティング広告のキャンペーンにて設定させていただいておりますが、
その中で一部、なかなかお客様がお考え通りの成果を残せていなかったりしています。
もちろん広告キャンペーンの性能の問題が大きく係わってくるとは思いますが、
それだけでは成否は決まらないと思います。
ニーズが低い・ターゲティング母数が少なかったりで、
もともと十分な露出が確保できない地域だったり、
出口対策を正確にやりきれないがために、
本当の効果が測りきれていないのも事実です。


ターゲティングするか・その逆か?

そういった場合に一度お考えいただきたいのが、
ターゲティングを取りやめて全国に配信する考え方です。
「一体何を言っているんだ?うちの仕事は地元密着型だ、店だって地元にあるんだ。」
といわれてしまいそうですが、やってみる価値はあると思います。
そのためには・・・
リスティング広告で正確なレススポンスが取れるか?
システム面、物流面で裏付け的な数字がが取れるか?
粗利は確実に得られるか?
を考慮に入れて、
広告キャンペーン専用の御社の商品・サービスを考えていただくことです。
リスティング広告キャンペーンに最適化したビジネスモデルを作り、
その流れで最適化を行えば、
リスティング広告では従来の広告媒体よりも速いスピードでこのビジネスモデルの可否が判断できますし、バランス良く拡大していけば御社のサービスの全国展開も夢ではありません。
媒体にあった商品作りも、状況によっては必要なのではと思います。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です