ホームページで不動産物件を扱う

こんにちは
立松です。
自社ホームページで不動産物件を扱っている方、
いらっしゃいますか?
今日は不動産業界の
ホームページ集客の活用法について
お話します。
■大手システム会社の枠で集客
ホームページには
会社への問い合わせ連絡方法の他に、
物件を調べたり、見たりするページや
昨日が必須条件になってきています。
それがないと恐らく不動産業界では
ホームページ自体になんの
価値があるのか見出せなくなってしまいます。
とはいえ通常、
情報を表示するデータベースシステムは
専門的な知識がいるうえに、
導入には大きなコストがかかります。
規模にもよりますが、
数百件の物件を載せるようなものを考えたら、
安いものでも300万円程度~でしょうか。
「そんな金額、とんでもない話だ!」
と思いますよね?
でもこれが現実です。
中にはがんばって費用をかけて
データベースを
導入し「やるぞ!」という方も
いらっしゃいますが、
それは少数派でしょう。
ほとんどの方は
月々データベースを借りて
ネット上に情報発信されています。
以下、現在主流の物件検索用の
データベースサービスを提供している
企業です。
athome
http://www.athome.co.jp
suumo
http://suumo.jp/
sumaity
http://sumaity.com/
これらのサービスは利便性も高く、
かなり良いサービスなのですが、
必ず競合と横並びで
表示されてしまう弱点があります。
そしてこのデータベースに
それなりに費用がかかります。
これは小規模で展開されるお客様にとって
理想的なのかどうなのか?
費用対効果を見て判断するべきでしょう。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です