ソーシャルメディアからブログ投稿ページやウェブサイトへのトラフィックを稼ぐ方法

こんにちは立松です。
週末にかけて日本全国ものすごい豪雨のようですが、
みなさんの地域は大丈夫でしたでしょうか?
3256031851_6d0a863f71_z
今回はFacebookやGoogleプラス、ツイッターといったソーシャルメディアからどうやって自社や自分のブログ記事・ウェブページにトラフィック=アクセス数を確保するのかをお話ししたいと思います。

ソーシャルスニペット

まずは、ソーシャルメディアの「ソーシャルスニペット」を知りましょう。
「ソーシャルスニペットとは?」
スニペットは直訳すると「断片」「切れ端」という意味ですが、
IT用語では再利用する事が出来る情報、
ソーシャルで言えば繰り返しシェアが出来るような情報の固まりと言っていいと思います。

このソーシャルスニペットを使って正確に見やすく美しく、そして頻度をある程度高く持って情報を載せていく事によって、ソーシャルメディアから自社サイトのブログや新着記事などへのトラフィックを増やす事が出来ます。

最近facebookはこの機能を強化させ、facebookページの投稿を埋め込めるようにしましたね!
(口コミが起こせるようなシェア能力の高いコンテンツなら、Facebookページのいいねも増やせるというスニペットをリリースした。)

このソーシャルスニペット、主要なソーシャルネットワーク各社で見え方は少し違いますが、(Google+でファビコンが付くぐらい?)スニペットを用意するにあたり基本的に必要な情報の種類「タグ」は決まっています。

ソーシャルメディアのスニペットを管理するためのタグとは?

スニペット管理のための使用タグ及びフォーマットは以下。

 1.タイトルタグ・メタ-ディスクリプションタグを使う。
 2.マイクロフォーマットを使う。
 3.オープングラフプロトコルタグを使う。
 4.Image_SRC メタタグを使う。

構造的にそんなに難解なものでもありませんが、
これらはいずれも設定に多少技術的な知識が必要になるため、
既存のブログやウェブサイトへの組み込み時にはウェブ開発者に依頼された方が楽かもしれません。
当サイトでもご依頼いただければ組み込みを代行いたします。
よろしければお問い合わせください。

ワードプレス(WordPress)を使っているなら、オススメのプラグイン

もしもあなたのブログやサイトが、
ワードプレスで出来ているのなら専門の開発者へのご依頼は不要です。

無料で上記の4つのタグコントロールのためのプラグイン(拡張プログラム)が公開されていますので、
それをダッシュボードからインストールするだけで利用できます。これは便利すぎる・・・・!
私自身もこれらのプラグインを使っています。

1.All in One Schema.org Rich Snippets Plugin
このプラグインであなたはソーシャルスニペットを制御タグを使えるようになります。そしてGoogleのランクに入った時、検索結果をより良く見せることができます。

2.WP Open Graph Plugin
上のプラグインに似ていますが、この手軽で小さなツールは全てのオープングラフメタタグを追加します。

3.Custom Image_Src Plugin
もしもまだFacebookで正しくコンテンツのシェアが出来ていなかったらこれを試してみてください。Image_SRCタグで生成されます。このプラグインはfacebookにあなたが選択した画像を使うように強制できます。

以上、ワードプレスをお使いなら非常に簡単にソーシャルスニペットをコントロールするための機能を追加して使う事が出来ルト言えます。

タイトル+イメージ+メタデータを上手に使う。

ソーシャルメディアでシェアされるには、
興味をひいたり、「これは見てみたい!」「これは教えてあげなくちゃ」と思うような内容でソーシャルスニペットを構成して必要があります。
メタデータを検索性を上げ、タイトルで注意を引き、画像イメージで定着させる、
従来のダイレクトマーケティングに似た要素が大きくなってきますので、温故知新!
昔の通販の広告事例集やチラシ、ハガキなどを引っ張りだしてきて参考にしてみても良いと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です