今年もあとわずか5日となりました。年末年始の集客のご予定は?

こんにちは、立松です。
今日は第二次安倍内閣のニュースでもちきりですね。

今年も早いもので残すところあとわずか
「5日」となりました。

年末年始はたいていの企業様は休暇となりますが、
私共のような「集客」を飯の種にしているような人間にとっては
集中すべき大事な時期となります。

なぜかというと
「平日よりも休日の方がスマートフォンからのアクセスは多い。」
からです。
“今年もあとわずか5日となりました。年末年始の集客のご予定は?” の続きを読む

Adwords Express

こんにちは、立松です。
今日は日ごろ検索エンジンの地図表示対策などで格闘されている方に、
ワンポイントアドバイスです。

Googleの検索エンジンには、
地図検索の結果表示にお店や会社の
場所や情報を表示させるサービスがあります。

このサービスはGoogleプレイスといって、
SEOよりも店舗誘導に期待ができるため、
登場時からかなり注目されていきました。

しかし・・・舞台がSEOから地図に変わっても
変わらないのは人間の「サガ」でしょうか?

競合が多ければ表示機会も少なくなり、
思うような成果も得られなくなってしまいます。

そこで、、、、またか?とお思いでしょうが(笑)
アドワーズの出番です。

アドワーズには”アドワーズエクスプレス”という、
地図表示に特化した掲載方法が存在します。

それは簡単なキーワード設定のみで、
地図検索結果などにリスティング広告を出せるというものです。

本当に簡単に掲載できるので、
専門でやっている自分としては
「こんなのありか?」とぼやいてしまいそうですが、
できてしまうのは、事実です。

「アドワーズエクスプレス」、
効果のほどをぜひ、お試しください。

PS.もちろんアドワーズの無料お試しクーポンが使用可能です。
クーポンを使って試してみたい!という方はお問合せください

今すぐ始めよう!Adwords

今すぐ始めよう!adwords

アカウントを作成する

Adwordsを利用するために、
まずは「アカウント」と呼ばれるログインするための名前とパスワードを設定する必要があります。

アカウントとは銀行における銀行口座のようなもので、
Googleアドワーズではアカウントを利用料金の管理以外にも、
予算管理・キャンペーンの掲載状況やキーワード・広告原稿の内容に関する
すべてのことを管理します。 “今すぐ始めよう!Adwords” の続きを読む

地域限定で集客【アドワーズ編】

こんにちは、
立松です。

今回はGoogleのリスティング広告、
アドワーズで地域的に絞り込んで
集客するときの設定方法を
書き出します。

リスティング広告で地域配信をする意義は?
集客の効果的には薄いのかもしれませんが、
マーケティングのテストとしては
大いに意義があると思います。

なにより、DMハガキやチラシよりも安く出来ますし、
反応が数字となって正確に返ってきます。

こういったデータを下に判断して、
全国キャンペーンにうって出たり
SEO対策を施してもいいでしょう。

■設定画面の表示方法

「ホームページでお客を集める方法」研究所-キャンペーン一覧
まずは、アドワーズ管理画面にログインし、
キャンペーンのタブを押して一覧へ移動します。

そこで、地域設定を行いたい
キャンペーンをチェック選択して、
「設定」タブを押します。

一覧が表示されますので、
キャンペーン名を選択して
管理画面へ移動しましょう。

「ホームページでお客を集める方法」研究所-キャンペーン設定

設定画面に移ったら、
ページの上部、
上から2番目の地域と言語で、
「編集」をクリックします。

これで地域設定の画面が表示されますので、
ここで色々と調整、設定していくことになります。

■広告配信地域の設定

「ホームページでお客を集める方法」研究所-国選択
一番左のタブは「バンドル」で、
国ごとの指定が出来ます。
(例:広告配信地域を日本、台湾を設定する)

「ホームページでお客を集める方法」研究所-県選択

その次が「ブラウズ」で、
チェックボックスにチェックを入れたり消したり
して地域スケールを変えたり細かく指定をすることができます。

アドワーズは
都道府県単位はもちろんのこと、
市区郡単位まで対応しているため、

Yahoo!リスティング広告よりも
高い精度地域配信の設定が可能です。

「ホームページでお客を集める方法」研究所-地域検索

他にも直接地区名を検索指定できる
機能などもあり、至れり尽くせりです。

「ホームページでお客を集める方法」研究所-市区郡レベルで選択
Googleマップ画面上で対象地区を表示させて、
そこをクリックしても設定が可能です。
これなら間違いがなさそうです。

 

「リスティング広告」とは

こんにちは、
たてまつです。

今回はリスティング広告について
軽くお話します。

■リスティング広告とは

みなさんが日ごろよく使われる
検索エンジンの検索結果と
一緒に表示される広告のことです。
PPC広告とも呼ばれています。

SEO(検索エンジン最適化)と
リスティング広告を合わせて、
検索エンジンマーケティング=SEM
とも呼ばれています。

代表的な広告媒体は、
ヤフー株式会社の「ヤフーリスティング広告」と、
グーグル株式会社の「アドワーズ広告」となります。

■リスティング広告の特徴

オークション方式でキーワードに
対して入札を行い広告リンクを購入する
感じです。

広告費用は広告文が
クリックされた分だけ支払う方式で、
かなりの小額からでも始められます。
(ヤフーは3,000円?)

他にネット広告に比較すると
費用対効果は抜群です。

また、誰もが使う検索エンジンに
出稿することになるので、

見込みのお客様にも
見てもらいやすいのです。

現状、ネットで
有料広告をうつなら、
リスティング広告よりも
有効な手法は無いのかもしれません。

そして、また別に機会に
お話しますが、
実は広告以外の使い方もあります。

■ホームページ集客での使いどころ

自社の商品がSEO(検索エンジン最適化)であげにくい
キーワード(できても時間がかかる)だったり、
特定の地方だけにホームページを露出したい、
といった場合に有効です。

セオリーどおりに広告出稿を続ければ、
短期間で成果を出すことが可能です。

どんなキーワードでホームページにやってきて、
商品を買ったのか、
1件当たりのお客様獲得単価はいくらか?
など詳細にデータをとることができます。

データから繰り返し広告や
ホームページの改善を行うことで、
どんどん「集客の精度」は高まっていきます。

その結果・・・
1件当たり単価が最初に比べて
半分以下になるなんてことが
よく起こるわけです。

長く広告を出し続けることで、
ブランディング効果や
SEOへの好影響も期待できます。

■最初はテスト

他のネット広告に比べて
非常に有効な広告手法である
リスティング広告ですが、

それでも最初からうまくいくとは
限りません。

最初はテスト的に小額予算で広告を始めて、
キーワードや広告文、
ホームページのつくりなど要領がつかめたら
本格的に予算立てを考えましょう。

■始めるには

ご自分でもやれないことは
ありませんが、

一筋縄ではいかず、
多方面でホームページ関連の情報を
身につける必要があります。

(専門の私がいうんだから
間違いありません。
かなり勉強が必要です。)

日々、
日常の業務でお忙しい経営者の方や
担当者の方は、
ウェブ制作会社や、
広告代理店の利用を
お勧めいたします。

さて次回は、
「費用対効果ともうひとつの判断基準」
についてお話いたします。