稼ぐためのホームページ広告宣伝手法の選び方

こんにちは。
たてまつです。
稼ぐための広告宣伝手法は
いろいろな手段がありますが、
費用対効果とどれだけ広告を
潜在見込客に見てもらえるか
」の観点から
どれを使うかをしっかりと
考えて選ぶ必要があります。
今回から少しずつ
お話をさせていただきます。
まずはリスティング広告から
お話します。
最も費用対効果とリーチで優秀なのは、
「リスティング広告」です
即効性があり、
クリックあたりでの広告予算の
コントロールが可能です。
日当/月当予算や、
掲載時間、配信地域など
さまざまな絞込みが簡単に
できるようになっており、
求める顧客層だけからの
ホームページアクセスを
数多く集められるので、
最もスピードが速く
無駄の少ないものと言えます。
次に「SEO」です。
サーチエンジン最適化を英訳で、
Search Engine Optimization = SEO
といいます。
これは遅効性のもので、
リスティングが特効薬だとしたら、
SEOは体質改善の漢方薬で、
検索エンジンの検索結果に
表示されやすくする対策のことです。
施策後じわじわ時間をかけながら
ホームページに集客効果が出てきます。
上2つの集客方法は、
キーワード選びが非常に
重要なポイントです。

最初に想定する顧客層が使うと思われる
キーワードを仮説を立てて選び、
それにそって広告の内容やアクセス先の
ホームページの内容を決めていきます。
こういったキーワード選びから始まる、
検索エンジン経由での集客方法を総称して
「Seach Engine Marketing = SEM」
と呼んでいます。

これらは分析ツールを
組み合わせることで、
反応率や問い合わせ顧客の性質を
簡単に把握することができ、
きちんと効果測定や分析をすれば、
非常に効率良く、
「費用対効果と対象潜在見込客へのリーチ」両方を
伸ばしていけるようになります。

次回は、バナー広告についてお話します。

信頼感と企業ホームページ

こんにちは。
タテマツです。
前回に引き続き、
ホームページの「反応を上げる」方法を
お伝えいたします。
ホームページの信頼感
まず初めに、
お伝えしたいのは
「ライバルよりも信頼感に劣っている状態」
になっていないかという点に注意
していただきたい、
ということです。
そもそもあなたのホームページを
初めて訪れる人は、
あなたの事を、
そしてあなたの商品やサービスのことを
全く知りません
お客さんは、
全く知らない企業のホームページに
アクセスするわけですから、
警戒心一杯であなたのホームページを
見て回ります。
もちろん、
せっかくアクセスしてくれた人に、
「資料請求」や「問合わせ」を
してもらいたいと考えます。
しかしお客さんからすると、
資料請求するためには、
あなたに住所、
電話番号等の個人情報を
教えなければなりません
特に最近では、
個人情報漏洩の事件が続発していますから、
お客さんの警戒心は相当高くなっています
「このホームページは、なんか胡散臭いな」とか、
「このホームページを運営している企業は大丈夫かな」
という気持ちを少しでも持たれたら、
お客さんはなかなか
問い合わせしてくれないのです。
従って、
お客さんのこうした警戒心を
取り除くためには、
まずお客さんに「信頼」
してもらう必要があります。

そう、
お客さんに問合せしてもらうための
最重要ポイントは、
『信頼感』なのです!

ホームページが
反応をえられるかどうかは、
あなたのホームページが
お客さんに「信頼」してもらえるか
どうかにかかっています。
ライバルよりもあなたの方が
信頼してもらえないと、
お客さんはライバルに
流れていってしまうのです。
では、どうすれば、
アクセスしてくれたお客さんに
信頼してもらえるのでしょうか。
・信頼獲得は身元を明らかにすること
・連絡先を明記する
・社長やスタッフの顔写真を掲載する
・お客さんの声を掲載する

上記の項目をホームページに掲載するだけで、
あなたのサイトも信頼感がアップします。
もし、
今のホームページに
このような情報がなければ
ぜひ掲載するようにしてください。
◆企業らしいデザイン
また、
上記に加えお客さんの信頼感を
得る際に大切なのが、
「企業らしい」ホームページを
作るという点です。
お客さんは実際にサービスを依頼する前に、
いくつものホームページを比較します。
たくさんのサイトを比較してから、
どこのサイトに問合せや
資料請求をするか判断します。
複数のホームページを比較した場合、
お客さんは、
「企業らしいホームページ」を信頼します
事務所のスタッフが
自作したようなホームページでは、
どうしても
「素人っぽいホームページ」
となってしまい、
他社と比較された際に
見劣りしてしまうのです。
例えば、
実際にあなたがお客さんと会うことを
考えてみましょう。
初めてお客さんとミーティングする際に、
パリッとしたスーツを着て会うのと、
よれよれでシミの付いたシャツで会うのでは、
お客さんに与える印象は相当に違うでしょう。
ホームページも同じです
お客さんは複数のホームページを
比較しますから、
その中であなたのホームページだけが
「いかにも素人っぽい」デザインだとすると、
それだけで競合に見劣りしてしまいます。   
もしかするとお客さんに、
「お金が無くて自分でホームページを作っているんだ」
と思われてしまい、
大きなマイナス要素になっているかもしれません。
もちろん自作のホームページで
顧客開拓ができないかというと、
そんなことはありません。
しかし、
もし同じ内容のコンテンツであれば、
「素人が作ったとすぐに分かるホームページ」よりも、
「税理士事務所らしい、信頼感あふれるホームページ」の方が、
お客さんに「信頼」してもらえる可能性は
格段に向上することでしょう。
◆ライバルホームページよりも信頼できるか?
お客さんの反応がないと言う人は、
ライバルホームページと自分のホームページを
比較してみましょう。

ライバルよりも
「信頼感に乏しくないか」
を客観的に比較するのです。
そして、
もし信頼感に乏しいと判断した場合は、
ここで述べたような対策を施しましょう。
「ライバルとの相対比較」で、
どちらがより「信頼できるか」が
お客さんにとっては重要なのです。

では、
次回は「役に立つ」ホームページの作り方
をご紹介します。

ホームページ集客担当者に必要な3つの要素

こんにちは。
タテマツです。
今回は、
ホームページで集客する時に
ウェブ集客担当者が持つべき3要素について
お話ししたいと思います。
ホームページの集客で
必要な3つの要素とは、
「知識・情熱・したたかさ」 です。
まず「知識」。
知識といっても、
奥深くまで追求する
必要はありません。
ホームページの業界で
使われている言葉を、
おおまかにでも
理解できれば良いのです。
そうすれば情報を集めていくうちに
正しい判断ができるようになります。
そして次に「情熱」。
情熱があれば、
試行錯誤の繰り返し
になるホームページでの集客を
たいていの困難を乗り越えて
やり抜くことができると思います。
そしてもっとも重要なのが、
「したたかさ」です。
いかにして効率良くお客を集め、
売りに繋げるか?
真正面からぶち当たるのではなく、
頭を使ってどう上手く立ちまわれるかが
集客ホームページの成功に
大きく影響してくるのです。
これはホームページ集客だけでなく、
ほかのマーケティング・集客に
通ずることです。
したたかに、狡猾に。
世の中にはそういった人々が
勝ち続けている事実があります。
私たちもただ漠然と何かをするのではなく、
極力意図的に、何かを狙って
アクションを起こすことが重要なポイント
となるでしょう。
その重要なポイントは、
人や会社によって
全く違ってくきます。
それを見出す
助けになるような制作会社や
人物を見つけることが
一番したたかな作戦だと
思います。
さて、
次回からはホームページ集客法
を少しずつ紹介していきます。

ホームページ集客の基本とは?

こんにちは。
タテマツです。
今回はホームページを
使って集客をする時の
基本の一つを
お話したいと思います。
まず最初に言っておきたいのは、
いままで当ブログが何度も書いていたように、
みた目がキレイなだけでは
「ダメ」だということです。
本当に?絶対そう言いきれるの?
はい、言い切れます(笑)
デザインをメインで押してきた
制作会社はその事実を
受け入れられないでいるのかもしれませんが、
ホームページというものは、
見る端末や閲覧プログラムによって
見え方がガラッと変わります。
紙媒体のように
どれも同じレイアウトというのは難しく、
すべての端末でみた目を揃える事は
至難の技でしょう。
ホームページでは、
パソコンでもケータイでも、
同じみた目ではなく、
同じ情報を掲載することに
主眼を置いてつくるべきです。
理由は、
一つの情報で複数の端末コンテンツを
掲載できるからです。(ワンソースマルチユースといいます)
こういったチラシなど紙媒体にはない
特徴を上手く活かし、
正しい情報がきちんと載っていてアクセスし易い
コンテンツを作って集客を行いましょう。
まずはこれが基本です。
紙とは違っていろんな見え方があるので、
同じ見た目ではなく、同じ情報を発信すること!

です。

成功するホームページと失敗するホームページの違い

こんにちは。
タテマツです。
前回まででホームページの概要は
ご理解いただけたと思いますので、
今回はホームページの
「反応を上げる」方法と、
ビジネスに活用する方法について
お話したいと思います。
さて、
まずあなたももご存知のように
ホームページは、
ただ制作しても問合せが増えたり
売上が上がるということはありません。
でも、
実際に売上が上がるホームページは
世の中にたくさんありますし、
成功しているホームページオーナーも
非常に多くいらっしゃいます。
では、
その違いはどこからくるのでしょうか?
1.なぜお客さんの反応がないのか?
 ネット広告や検索サイト(SEO)対策をし、
ある程度アクセスがあるのに
お客さんの反応が全くない、
という悩みを持つ経営者は少なくありません。
アクセスがあるのにどうして反応がないのか、
その理由を少し考えてみましょう。
インターネット利用者は複数のホームページを比較する
最初にインターネット利用者の
行動を考えてみましょう。
インターネットユーザーは
インターネットを利用する際に、
複数のホームページを比較しながら
情報を集めようとします。
特に、
商品やサービスの購入を
考えている場合は申し込みをする前に
複数のホームページにアクセスして、
じっくりと比較検討してから行動をします。
あなたももそういった
ご経験をお持ちでないでしょうか?
インターネットの世界では、
実社会と違い複数の店舗に行くことなく
簡単に他の商品やサービスを
比較することができるのです。
従って、
あなたのホームページを訪れる人は
確実にライバルのホームページにも
訪れているのです。
お客さんは、
あなたののホームページと
ライバルのホームページを比較してから
どちらかに資料請求や
問合せをしてくるのです。
比較の結果、
ライバルのホームページをお客さんが
選んだ場合は御社への問合せは
発生しません。
もし、
御社のホームページがライバルよりも
見劣りしているなら、
確実にライバルにお客さんを
奪われ続けるのです。
なぜライバルに負けるのか?
お客さんをライバルに奪われる理由は
いくつかありますが、
大きく分けて2つの理由が考えられます。
理由1)ホームページの信頼感がないため、
お客さんが怖くて問合せできない。

理由2)ホームページがお客さんにとって、
全く役に立たない。
御社のホームページと
ライバルのホームページと比較して、
お客さんがライバルのホームページのほうが
「信頼できる」、
もしくは
「役に立つ」
と判断した場合は、
御社ではなくライバル会社へと
流れていくのです。
では、
どうしたら「信頼できる」ホームページや
「役に立つ」ホームページ制作が
できるのでしょうか?
続きは次回お話しますね。

ホームページ制作会社の選び方3つの秘訣(3)

こんにちは。
タテマツです。
さて、
最後にお伝えする
「ホームページ制作会社の選び方」
ですが、
「3.業者選びはサポート・更新を
してくれるかどうか」です。
ホームページは制作して納品したら
終わりではありません。
ホームページは納品がゴールではなく、
そのホームページで集客をすることが
ゴールです。
ホームページは24時間働く
営業マンだとか、
スーパーマン的に表現される方も
いらっしゃいますが、
ホームページはあくまで
集客ツールのひとつにしか
過ぎません。
結局は、
活用できなければ意味がない
ということです。
ホームページは
広告やチラシなどと違い、
出したからといってすぐに反応が
でるものではありません。
ヤフーやグーグルなどの
"キーワード検索"されるまでも
時間がかかりますし、
サイトが上位に表示されたから
といっても問合せにつながる
とは限らないのです。
色々試行錯誤をしながら
運用することが必要になるのです。
なので、
業者選びに重要な秘訣は、
『制作後のサポートや更新をしてくれるのか?』
ということです。
ではサポートとは一体業者に
何をしてもらえばよいのか?
1、更新をしっかり行ってくれる
(※有料・無料は要確認)
2、サポート専任担当者がおり、
 ログ解析など、定期的にホームページを
 分析して改善策を提供してくれる。
3、ホームページを活用する情報
 (メール・郵送などで)を
 定期的に提供してくれること。
以上の点をチェックすれば、
信頼できる業者探しへの道が近づきますね。
最後に、
ホームページ制作会社を選ぶポイントは、

1) 集客力のあるホームページを制作してくれる
2) 最低限のSEO対策をしてくれる
3) 制作後のサポート・更新をしてくれる

以上の3つのポイントを抑えると
失敗しない制作会社を
選ぶことができます。
ぜひ、参考にしてください。
さて、
3回に分けて
「ホームページ制作会社の選び方」
をお伝えしてきましたが、
いつでも見られるように、
お送りした内容をまとめたレポートを
ご用意いたしました。
ホームページは制作したら
終わりではありません、
そこからがスタートになります。
次回は、
ホームページの「反応率」
を上げる方法をお伝えします。
具体意的に「悩み」を
お持ちの方でスグにでも解決したい場合は
ご相談下さい。
お待ちしております!

ホームページ制作会社の選び方3つの秘訣(2)

こんにちは。
タテマツです。
前回に続きまして、
「ホームページ制作会社の選び方」
の秘訣をお伝えいたします。
今回はSEO対策についてお話いたします。
2.業者選びはSEO対策にかかっている
=== お客様に見てもらう為のSEO対策 ===
いくらデザインの良い、
コンテンツの優れた
ホームページを作っても
見てもらわなければ
何の意味もありません。
また、
お客様にホームページを
見てもらえなければ、
お客様を集客・固定客に
することは出来ません。
だからと言って、
毎月ウン万円もするような
SEOサービスや、
成果報酬型のSEOサービスを
活用することを
オススメはしません。
ポイントは、
どこの誰に見て欲しいなど
「ターゲット」と「エリア」を決めて、
その対象となる人たちだけに
見てもらえれば良い訳です。

そうです。
見て欲しいお客様へ表示されるSEO対策が
出来ていれば十分なのです。
中華料理店を探す時の
例を使って説明します。
まず、「今日は中華が食べたいな?」
という欲求が出てくると仮定します。
次に、
「この辺り(名古屋)で
旨そうなところはないかな?」
という場所が出てきます。
この
『 欲求 + 場所 』が
『 中華 名古屋 』
のキーワードへ変換され、
検索されるのです。
結果的にSEO対策は、
80点レベルでOKな訳です。
80点程度とは、
キーワード+地域名で
SEO対策が出来れば
OKということです。
どうしても、
ビックキーワード
(ビックキーワードとは
100万件表示レベルです。)
で1位に表示させたいなど
強い要望があるのであれば、
完全成功報酬SEOサービスで
対策されることを
オススメします。
いきなりはSEO対策へ
余分な費用をかけないで下さい。
まずはホームページの集客が
できる業者を探してください。
ホームページを
制作するときに、
どんなキーワードにしたほうが
いいか知りたいという場合は、
ご連絡ください
最後の3つ目の秘訣は次回お話します。

ホームページ制作会社の選び方3つの秘訣

こんにちは。
タテマツです。
今回、お伝えするのは、
「ホームページ制作会社の選び方」の
3つの秘訣についてです。
インターネットで
ホームページ製作会社を検索すると、
数千万件ものサイトがヒットします。
この星の数ほどある製作会社の中から
自社に合った業者を探し出すことは
非常に困難だといえます。
でも、
ほんの少しの"コツ"を知るだけで
失敗しない業者の選び方ができますので
参考にしてください。
1.業者選びは「集客力」にかかっている
あなたがホームページを開設する
目的は何でしょうか?
おそらく多くの方の目的は、
ホームページを活用して
「集客」をすること、
そして「売上アップ」を
図ることだと思います。
もうすでにご存じと思いますが、
今後、ホームページから集客
(問い合せ)する仕組みが、
商売の柱になっていくことは、
いうまでもありません。
また誰もが、
そんな時代の流れに気づいています。
そうです。

みなさん、
集客(問い合せ)してくれる
ホームページを望んでいます。

ところが、
ホームページ制作を業者任せにすると、
76%の方は失敗します。
なぜ、ホームページの活用で
失敗する方が多いのか?
その理由は簡単です。
ホームページで集客が
出来ない制作業者に、
ホームページ制作を依頼
してしまうからです。
ホームページ制作を依頼する
業者を見極める秘訣は
その業者に一言、
聞けばいいのです。
『御社は、どうやって集客しているの?』
そして、
その業者が「ホームページからです」
と答えれば、
ホームページから見込み客を集め、
顧客に出来るノウハウがあると
仮説を立てても良いと考えます。
しかし、
「ホームページで集客していない!」
と言うのであれば、
その業者に制作を依頼するのは危険です。
重要なことなので、
もう一度繰り返し伝えます。

『ホームページで集客が出来ない制作業者に、
ホームページ制作を依頼してしまうからです。』

ホームページ制作会社が、
自社のホームページを使って
顧客開拓ができないのに、
お客さんのホームページを
商売に繋げられる訳がありません。
もし、
あなたの目的が
「商売に繋がる」
ホームページを作ることだったら、
こういう業者を選ぶのは避けましょう。
2つ目の秘訣については、
次回にお話しますね。

インターネット利用者の特徴

こんにちは。
タテマツです。
さて、今回は少し話題を変えて
『インターネット利用者の特徴』
についてお話ししてみます。
これから、
ホームページを制作しようと
お考えの方にとって、
非常に重要なことですので
覚えておいてくださいね。
a)情報収集が主目的
インターネット利用者は、
インターネットを「情報収集」
のために利用します。
後ほど詳しくお話ししますが、
ネット利用者の最大の目的は
自分の悩みやニーズを解決する
「情報」を収集するために
インターネットを利用しているのです。
この点をぜひ念頭に置いておきましょう。
b)インターネット利用者はせっかち
インターネット利用者の特性として、
非常に「せっかち」だと言うことが
あげられます。
インターネット利用者は、
自分にとって必要な情報を探しに
色々なホームページを見て回る訳ですが、
そのホームページに
自分の探している情報がないと、
すぐに別のホームページ移動してしまいます。
全てのホームページを
時間をかけてじっくり見て回る、
というよりは、
各ホームページを「パッパッ」と
見て回る感じです。
あなたのホームページをパッと見て、
そこに自分の欲しい情報が見つからないと
すぐに立ち去ってしまうのが、
インターネット利用者なのです。
c)画像はあまり喜ばれない
またインターネット利用者は、
「画像」をそれほど喜びません。
多くの人が、
絵や写真で視覚的に訴えた方が
ユーザーは喜ぶだろうと、
誤解しています。
でもインターネットユーザーは、
画像を見るためだけに
ホームページにアクセスすることは、
ほとんどありません。
芸能人のホームページと
アダルトホームページを除けば、
画像をたくさん貼り付けたほうが
アクセスが増えると言うことは、
まずありません。
逆に表示に時間がかかるので
アクセスは激減します。
画像はあくまでも補助的手段として、
控えめに利用するのがポイントです。
d)文字を読むのが大好き
逆にインターネットユーザーは
「文字を読むのが大好き」です。
ユーザーがホームページに
アクセスする理由の主目的は、
何らかの『情報』を入手するためです。
商品の情報、
価格の情報、
企業の情報など、
全て文字情報です。
従って情報を入手するためには、
どうしても「文字」を読まざるを得ません。
実はインターネットの
人気ホームページのほとんどが、
豊富な情報を「文字で」提供している
ホームページです。
例えば、
日本で一番閲覧数が多いホームページの
「Yahoo!」(http://www.yahoo.co.jp)では、
ほとんどの情報が文字情報で、
画像は一部にしか使われていません。
ホームページの人気というのは、
役に立つ情報
(お客様の悩みやニーズを解決する情報)
がどれだけ得られるかによって
大きく依存します。

e)インターネット利用者とは
以上を整理すると、
あなたのインターネット支店(ホームページ)
を訪れるのは、

「非常にせっかちで」
「画像よりも、
自分に必要な情報があるホームページが大好きな」
お客さんだと言うことになります。

従ってあなたがホームページを作成する際には、
画像や音声を多用した
「見栄えが良いけど、中身がない」
ホームページを作るのではなく、
「お客様の悩みやニーズを解決する情報が
たくさんある」
ホームページを作ることを
心がけて下さい。
そしてこのことは
「インターネット利用者に興味をもってもらう」
と言うことが重要になります。
綺麗でお洒落なホームページを作ろうと思うと、
どうしても画像をたくさん使った
ホームページとなってしまい、
更新をする際にもプロに
お願いする必要があります。
では、
どうしたら
「お客様の悩みやニーズを解決する情報」
をだすことができるのか?
次回以降、
お話していきます。

商品販売のためのホームページ

こんにちは。
タテマツです。
さて最後にお話する
支店のタイプは、
商品・サービス販売のための
「販売店舗」です。
駅前に新しくお店を構えるように、
インターネットに商品を
販売する為のお店をオープンする感じです。
インターネットの世界では、
この「販売店舗としてのホームページ」の
ことを「ネットショップ」と呼びます。
別の呼び方では「ECショップ」や
「オンラインショップ」とも
呼んでいますが、
ホームページに商品を掲載し、
お客さんにホームページ上で
直接購買してもらうスタイルです。
前回までの「ショールーム」や
「営業拠点」の場合は
ホームページ上で商品やサービスの販売は行わず
主として「集客活動」にとどめています。
一方この「販売店舗としてのホームページ」は
商品やサービスを販売するためのホームページです。
「ショールーム的なホームページ(会社案内)」
を作るのは簡単なので
多くの企業のホームページはこのタイプが多いです。
もし御社がまだホームページを持っていないのなら、
まずはこのタイプから始めることをオススメします。
 一方、
「販売店舗」(ネットショップ)として
ホームページを運営するには、
非常に高度なノウハウと専任担当者を必要とします。
インターネット上にネットショップは
相当数ありますがほとんどのホームページは
売れておらず、
もちろん儲かってもいません。

ネットショップというのは、
インターネットを利用した「通信販売」です。
従って「通信販売」のノウハウがないと、
全く商品が売れませんし
競合他社が多すぎて、
よほどの魅力がない限り勝てません。
売れているショップというのは、
ホームページを立ち上げたから
売れているのではなく、
ネットを使った通信販売の「ノウハウ」が
あるから売れているのです。
従って通信販売のノウハウを持たない企業が
この「販売店舗としてのホームページ」、
すなわち「ネットショップ」を立ち上げるのは
基本的にお勧めしません。
(あくまでアドバイスです)←もちろん成功する人
          もいるとは思いますが・・・
最初は、「営業拠点」としてホームページで
「集客」に専念しましょう。
次回以降、どうしたら活用できるのかを
提供していきます。