御社のブランド筋力を地道に上げるための「思考ツール」とは?

こんにちは、
立松です。
さっきまで外は大雨だったのですが、
皆さんは濡れたりしませんでしたか?
今回は、
空・雨・傘という
考え方についてお話したいと思います。
■フレームワーク
いきなり横文字が出てきて、
「なんだ?」と
思ったかもしれませんが、
「フレームワーク」
これは物事を考えるときの
枠組みの事です。
ホームページ集客をはじめとした
マーケティングに
「仮説」は必要不可欠です。
(仮説の元に行動して、
結果どうだったかを
判断する必要がありますからね!)
仮説を組み立てたり考えたりするときに
有効な手法=フレームワークが
いくつかあります。
そのなかでも使いやすそうなものを
簡単にご紹介いたします。
■空・雨・傘
これは、
・空を見て。

・雨が降りそうだ。

・だから傘を持っていこう。
という、
誰もが日常的にやっている
「仮説行動のモデル」を
そのまま企画の現場に落とし込んだものです。
・今の市場はこうだ。

・市場はこう変わっていくだろう。

・この商品が有効だからさらに開発が必要だ。
いかがでしょうか?
当たり前の考え方なのですが、
改めて自分の持っている企画の内容を
この順番・表現に当てはめてみてください。
この様なシンプルな構造の
モデルに企画を落とし込むには、
企画の内容自体が本質的な問題を
焦点にしたテーマでかつ問題が
ある程度の単位に整理されていないと、
落とし込み自体が難しいと思います。
説明するのに補足すべき部分、
新たな気付き、提案部分が浮き彫りになり、
企画自体に深みが出せると思いますし、
問題提起のレベルも再考できる
かなり優秀な思考ツールです。
日ごろビジネスの
最前線で活躍されているみなさんですから、
はじめたいビジネス、
やりたいキャンペーンなど、
頭の中に山のように
たくさん浮かんでくると思います。
それらを忘れてしまうなんて、
もったいない!
フレームワークを使って
アイデアをフォーマット化して
企画の形にしてください。
そうすることで
御社独自の筋肉=ブランド力が
蓄積されていくことになるでしょう。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です