あなたは誰のためにWebサイトやブログを持つのか考えてみた事はありますか?独自ドメインを持つべき3つのポイント

今回は、ドメインについて考えてみたいと思います。
real_estate
皆さんは何か自社の情報をしたい、自分の情報を発信したいという時にはどんな媒体を使いますか?
一般的なウェブサイトでしょうか?それともブログ?はたまたメールマガジンなどを使うかもしれませんね?

ポイント1 ネットで商売・集客するならドメインは取っておこう!

インターネットでご商売を考えられているなら、まず前提条件としてドメインは取るべきだと考えております。
理由の1つ目は、ドメイン(インターネットドメイン)は、FQDNといってインターネット上では重複する名前が使えないという決まり事があり、現実社会の住所の様に同じ場所に異なる人物や組織が存在する事は理屈上あり得ない事になっているからです。
つまり現実社会での土地を購入する事と似ています。
理由の2つ目は、大企業であろうが、零細・個人事業主であろうがすべて同じ条件で、
単純に早い者勝ちで空いているドメインの名前=住所を取る事ができるからです。
そして3つめの理由は、タダとは言いませんが、初年度にかかる費用は1年間で千円以下です。
大抵の方には痛くも痒くもない価格でオリジナルのインターネットドメイン名・独自ドメイン名が販売されているからです。
ここでわずかなお金を惜しんであなたの独自のドメインを取らなかったり、プロバイダから与えられたホームページスペースそのままで使っていたりすると、「素人っぽさ」と「記憶されにくさ」がアクセスしてきたユーザーに印象的として伝わってしまうのではないかな〜?と思っています。
と、独自ドメインを使わない弊害としてあるのは、
印象だけならまだしも、あまり嬉しくないことがちょっと多いんですよね・・・。

ポイント2 どうせ資産を作るなら自分の畑で!

例えば、あなたが頑張って・努力して、たくさんブログを書いたとします。
また、その書いたブログの記事数を100とします。
・無料のレンタルブログで100の記事を書いた場合
記事の内容により検索にもヒットする様になりますが、検索エンジンの評価では「あなたのブログ」の評価だけが上がるんじゃなくて、
「ブログを無料で提供している会社が保有しているドメイン」の評価も上がります。
つまり、あなたが一生懸命書いたブログ記事という”情報資産”もある部分では無料ブログ運営会社の養分になっているわけです。
・独自ドメインを取得してブログを100記事書いた場合
書いた記事の内容はすべて独自のドメインでの情報で、書けば書く程、記事投稿は「あなただけの情報資産」となって蓄積していきます。
著者情報の登録やサイトマップの送信、お持ちのビジネスに関連性の高い内容を書いていけば良いと思います。
独自ドメインでの発信は、誰のためでもない、自社・自分のためだけに頑張れる素敵な情報配信手段です。
真面目にやれば、書けば書いただけ、あなたのブログへの顧客機会やファンの数は増えていきます!
「他人の畑(無料ブログ会社のドメイン)に養分(情報資産)を分け与えるのではなくて、自分の畑(あなたの独自ドメイン)に養分(情報資産)を与えて土を肥やしましょう。(価値を高める=評価を上げる)」
HTMLを最適化とか、技術的に云々は先のステップでのお話です。
まずはここを基本としてやっていなければ土俵にも立てません。
たとえ「お試しで・・・」と考えていたとしても独自ドメインの取得は必須項目です。

ポイント3 信頼性=ブランド作りのためには必須です

あと、上にもちょっと書きましたが、ドメインがプロバイダから与えられたような数字や文字の羅列で構成された機械的なものや、暗号のようなものだと、ユーザーがドメインを見たとしても記憶しきれずにアクセスが集めにくくなる可能性もありますね。
覚えやすく、入力も簡単ですぐに連想できるドメインを取得して”プチブランディング”をしておけばそんな心配もずいぶん減るのではないでしょうか?
メールアドレスも、「なんちゃら@xxx.ocn.ne.jp」よりも、
「info@御社のブランド名」などを使った方がお客様からしたら「ああ、きちんとビジネスとして体裁が整っているな」という印象をモテるのでオススメです。
今後はフリーエージェント時代がやってくるので独自ドメインはますます重要になってくるのではないかな?と考えています。
取りたい人は名前の空きが無くならないうちに検索して取得しておきましょうね!
それではまた次回。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です