お客様を集めるタイミングを考える

こんにちは、
立松です。
■お客様は24時間やってこない
ホームページで集客を始めた、
「これで24時間、どんなときもお客様にPRできるぞ!」
24時間・・・それは確かにそうなのですが、
「集客」を考えた場合、
それだけで満足していては
効果は期待できないでしょう。
ホームページからのお客様とはいえ、
画面の向こう側に集まってくるお客様も
人間です。
あなたの見込みのお客様は
24時間パソコンに張り付いている
わけではありません。
パソコンを使って
ホームページを見ている頻度の高い
時間帯が必ずあるはずです。
■お客様がホットな時間帯
例えば、
ある年齢層(割と高い年齢の方)
のデータによると、
午前は10時~11時、
午後は13~15時
が一番ホームページを見る時間に
あてられているそうです。
もしもこれらのお客様が
あなたのお客様の層なら、
この時間帯に絞って
ホームページの集客を行ったほうが
効率がいいですよね?
わざわざ反応の悪い時間帯にも
眠い目をこすって張り付いている
必要はまったくありません。
もっともお客様が
ホットになる時間帯、
あなたの会社の「ゴールデンタイム」
を見つけることをオススメします。
■ゴールデンタイムを見極める方法
この「ゴールデンタイム」、
実は簡単に見つけられます。
ホームページにやってくる
お客様のデータがすべて手に取るように分かる、
「ログ解析」というものがあるからです。
(当社全プランにこの解析サービスが無料でついてきます)
一番お客さんが数多く来て、
何か行動を起こしている時間帯
「ゴールデンタイム」を、
ちょっとした分析をするだけで
簡単に知ることができます。
■その時間にすべてを集中、お客様も集める!
ゴールデンタイムを見つけたら、
もうこっちのものです(笑)
全力で一日分のパワーを
ゴールデンタイムに注ぎ込みましょう。
きっと驚くべき効果が出ることでしょう。
当社でも広告など、
1日の20%前後に絞り込んで
出稿をしたり試してみましたが、
実際、私も驚きました。
「20%-80%の法則って本当にあるんだな」
と実感しました。
ハッキリ言って効果アリです。
みなさんもやってみてください。

ゼロからホームページを作る時に最低限必要なものはコレ

こんにちは、
立松です。
今回はホームページを作るに当たって
最低限必要なものを紹介します。
■パソコン、ネット接続
あなたがいくら素晴らしい商品や
サービスを持っていて、
ホームページが欲しいな~と
思っていても通信する手段がなければ
売ることは出来ませんし、
自分のホームページさえ
確認することが出来ません。
まず自分のお店となるホームページを
組み立てるための準備が必要です。
ということでまずは集客するための
パソコンを用意しましょう。
なくても制作会社に依頼する事で
ホームページ作成自体は
できると思いますが、
ページの確認ができないことや、
お客さまからの問い合わせや
メールのやりとりや財務の仕事などに
対応できないなど、
ホームページで集客していくには
ないとかなり困ります。
最新のものでなくても、
十分ですので必ず集客用のパソコンを
準備しておきましょう。
そしてもう一つ、
ホームページはインターネット上に
ありますのでインターネットへ
接続する通信回線が必要です。
こちらも高額な回線は必要なく、
一般的な回線で十分ですので必ず
用意しましょう。
■デジカメ
あなたの商品や顔写真、
会社の様子などをホームページに
掲載するために必要です。
こちらも解像度は600万画素もあれば、
十分にホームページ使用に耐えうる
ものが撮影できますので、
安くて使いやすいものを
選んでいただければ大丈夫でしょう。
■プリンター
お客さまからの
重要な連絡事項や見積り書の印刷、
FAXDMやパーソナルレターの印刷など
業務上必要な文書印刷に必要です。
よく家電量販店で売られている
インクジェットプリンタよりも
低コストで印刷できて、
印刷スピードの早いモノクロの
レーザープリンタがオススメです。
■電話やFAX
メールなどで
お客様とやり取りはできるのですが、
やはり緊急を要する時にケータイなど
電話で連絡できたうが良いです。
顧客への信頼感にもつながるので、
固定電話やFAXだとさらにいいですね。
さて、次回は
お金のかからない集客方法を
再度まとめたいと思います。

みんな無料が大好きだ。商機は無料にあり!!

こんにちは、
立松です。
今回は無料コンテンツについて
お話します。
■インターネットには無料があふれている
ここ数年の間に、
ずいぶんと無料のネット関連サービスが増えました。
見回せば、
ネット上は「無料だらけ」です。
ホームページスペースはもちろんのこと、
ブログ、メール、チャット、オンライン電話、
写真アルバム、動画公開スペースなどなど・・・
数えあげればキリがありません。
なぜ無料で使えるのか?
無料でこんなサービスを提供して
何かトクでもあるのか?
そう考えたことはありませんか?
■狙いは「集まりを作る」こと
無料でサービスを提供する側も
何の意味もなしにサービスを
提供しているわけではありません。
やはり何らかの対価を
支払っているのです。
その「何らか」とは・・・?
業界最大手のGoogleも
ほとんどのサービスが無料で使えます。
ちょっと規模が大きいのですが、
Googleで考えて見ましょう。
まず、検索が無料で使えますね?
実はGoogleは、
無料で検索結果を表示する代わりに、
私たちがどんな言葉で
検索しているのかのデータ、
キーワードを収集しています。
このデータはGoogleがリスティング広告の
システムで使うためのものです。
そしてGoogleはリスティング広告で
凄まじい収益を上げてきました。
Googleがここまで大きくなったのも
このビジネスがあったからです。
お伝えしたいことは・・・
ただほど高い(利益の出る)
ものはありません!
実は、
無料で提供を行っている企業の狙いは、
無料で楽しんだり、
役に立つサービスを提供する代わりに
ユーザーを集め、
そこに売り込みや、
営業データにするための
嗜好調査を行っているのです。
それをうまく使いこなすことが
できればもう「勝ち組」
の仲間入りです。
■具体的なアクション
それで、
実際にどうやっていったらいいか?
なのですが、
まず最初に
無料で提供できるものは
何か考えて見ましょう。
無料で掲示板システムを
使ってもらう代わりに、
自社商品の説明コンテンツを
広めてもらうですとか、
無料でメールが使える代わりに、
自社のドメイン名が入っていて
広告リンク付ですとか、
基本ギブアンドテイクで、
お客様が「これはトクだな」と
感じるようにバランスを考えて
サービス提供をして見ましょう。

とことんシステマチックに考える集客ホームページ

こんにちは、
立松です。
今回はシステマチックな集客、
「送客」についてお話します。
■情報パイプライン
世の中で大きな利益を
生み出す会社には、
何かしらの仕組みを持っています。
仕組みが持たない会社もありますが、
そういうとことが「弱い」
というわけではなく、
持たないから「強くはない」
のです。
仕組みを持っていれば、
非常に強力なキャッシュフローを
組み立てられます。
かつて世の中で、
莫大な利益を生み出した
ビジネスも出るには
みな仕組みがあります。
石油コンビナート、ベルトコンベア、工業製品、
などなど、
これらが仕組みを持っている理由は、
一つ一つの仕事を人間がやっていては
利益が取れないからです。
それを、
仕組みを使って自動化し、
利益をにじみ出させ、
それを器に溜めては
あふれる滴をいただく・・・
脱線してしまいましたが、
伝えたいことは、「仕組みを作ること」
それを真似るのです。
過去に先人たちがやってきたことを
ホームページの世界でもやるのです。
ホームページでのビジネスは、
まず問合せから始まります。
(ショッピングサイトはいきなり購入からですが、
その分ハードルは高いと考えていただいてよいでしょう。)
集客は仕組みにより「送客」になる、
自動的に見込みのお客が降りてくる。
そうなればホームページは
まさに「集客 福の神」
ですね。
今すぐに見込みのお客様の情報が
湧き出、送られてくる情報パイプラインをひきましょう!
■送客のための仕組みづくり
分かりやすいPR
イメージしやすい写真、
明朗会計、
問合せや購入しやすい
フォームやショッピングカートなど。
いろいろな要素があります。
様々なバランスをチューニングしつつ
作る必要があります。
専門的な分野で単なるホームページの
制作知識では到底足りません。
私たちプロは、
その集客ノウハウを日々研究、
検証しつつサービスにフィードバックしています。
正直、大変苦労しながらやっていますが、
それでも本当に効果があるものを
見つけたときには喜びもひとしおです(笑)
よろしければ
一度その「集客品質」を
お確かめください。
要するにホームページ集客は
システマチックに「送客」できる
仕組みづくりにさえ力をかければ後は自動的です。
その地点に到達するまでが
「集客の肝」になると思います。

無料でお客様を集めるための方法論

こんにちは、
立松です。
無料でできるお客様集めの方法について
お話します。
■まずは無料で試す
お客様を集めるには
宣伝が不可欠です。
これはリアルの世界と、
インターネットの世界
でも変わりません。
例えばお店なら、
定期的にチラシを出したり、
ダイレクトメールを送ったりして
懸命にお客様にアピールしますよね?
販促費としてデザイン代
印刷代や、郵送代がかかります。
これが馬鹿にならない金額なんです・・・
もうみなさんご存知ですよね?
一度新聞広告の折込をすれば
軽くウン十万円かかります。
しかも良くなりつつあるとはいえ、
日本はまだまだ不景気の暗いトンネルから
抜け出せていません。
消費者心理も
まだ回復できずにいる様で、
特に地方はその傾向が
顕著だ、とのことです。
そんな状態の消費者に向けて、
チラシを打ったとして
どのぐらいの反応があるのでしょう?
以前は効果が
出ていたかもしれませんが、
今はどうでしょうか?
効果があるかどうか
分からないのに、
お金をつぎ込むのはあまり
正しい選択とは思えません。
そうですよね?
そんなときに考えていただきたいのが、
販促費がほとんど無料でできてしまう集客、
「ホームページ」の活用です。
驚くぐらいたくさんの販促用の
ソフトやデータが無料で利用できます。
(以前ツール類を紹介しましたが、
データに関しては今後折を見て投稿したいと思います。)
■有料広告などを利用する前のデータになる
もちろん、
永久にまったくの無料で
販促・集客を続けていくということは
なかなか難しいのですが、
かなりの部分を無料化して
コストをスリム化することができますし、
同時に作業の自動化で時間が節約できたり、
試行錯誤を繰り返すスピードが早くなったりと
様々な良い効果が期待できます。
そして、この無料の部分で
有料の販促をするときに
判断材料となるような重要なデータを
調べることができます。
(紙媒体ならマーケティングの専門家などが
取り扱っていたような情報です。)
■お客様との接点をたくさん作る
また、無料であるが故、
消費者との垣根もとても低く、
色々な場所でお客様との
接点を作ることが可能です。
ブログでコメントをいただいたり、
twitterでフォローしていただいたり、
役に立って興味深い内容なら
人間誰しも見たり聞いたり
したいものですから、
普段からセンセーショナルな内容には
敏感になっておくとうまく
お客様の目を惹いていけるでしょう。
■ブログ、メール、Twitter
媒体は様々です。
何度も記事に登場する
おなじみの媒体ですが、
それぞれの媒体をうまく連携させて
使いこなすことができれば、
少ないコストでお客様を
集めることができるでしょう。

ホームページと家と本は似ている

こんにちは、
立松です。
今回はちょっと変わった視点で
集客の道具、
「ホームページ」を見てみます。
■ホームページは文字通り自分の家やお店と同じ
もしもあなたがすでにホームページを
お持ちならインターネット上で、
「ホームページアドレス」
という住所を持っているはずです。
現実の世界と同じですよね?
お店も住所があって、
店舗が建っていて、
そこで商売をしていますよね。
ホームページも
実際の店舗の様に、
気持ちよくお客様
に来ていただくために、
清潔感があって
整理整頓された入り口から
分かりやすい案内表示にしたがって
店内に入っていくと、
見やすく迷わないように
陳列された商品棚や、
商品を魅力的に見せるディスプレイや
思わず目を留めてしまうPOPなど、
気を使うところは、
実際の家や店舗とほぼ同じです。
違いはお客様の顔が見えているか
どうかだけ。
今まで皆さんがやってきた
「お客様への心配り」は、
そのままホームページにも
使えるのです。
■本も似ている
ホームページは作成する行程からみると、
一冊の本を作る作業にも
似ています。
読みやすいように目次があって、
それにぶら下がる情報、
文章や画像が整理されて載っている。
本の編集をやられている方は
ホームページの設計をさせても
上手なはずです。
本とホームページの違いは、
扱える情報が文字や画像以外に、
音声や動画、
そして最大の違いは
文字を伝わって、
読み手がクリック一つで
行動できることです。
■気持ちよく来てもらうには
実際の家や本に似ていることから、
集客ホームページ作りに
役立つ方法を考えると、
技術的な面は目新しく
映るかも知れませんが、
ホームページだけの
特別な集客の考え方というものは無くて、
基本は
「いかにお客様に気持ち利用してもらい、
リピーターになっていただけるか」
だと思います。
これは実際の店舗同様に、
「お客様には気持ちよくお金を使っていただいて、
幸せな気分になっていただく。そのための努力は惜しまない。」
そんな心構えが必要です。
この心構えがしっかりできていないと
何をやっても上辺だけでブレてしまう
と思います。
■技術も大事だけれども
ホームページで集客を行うなら、
技術や智識などももちろん重要です。
ですが、
その前にビジネスをするときの
心構えができているかどうか、
少し時間を取って再確認することも、
必要だと思います。
それが結果的に集客の精度向上に
つながっていくでしょう。

「ホームページで集客する」ということは、一体どうなることなのか?

こんにちは、
立松です。
今回は「集客」というものが
どういうことなのかをお話したいと思います。
■集客=訪問者数?
このブログでは繰り返し
「集客ホームページ」
というフレーズを使っていますが、
集客ってそもそもどういう意味なのか?
と考えられたことはあるでしょうか?
ただ単にホームページにやってきて
色々なページに移動して、
そして何もせずに去っていく
方もいらっしゃいます。
見込みのあるお客様が
集まってきていることに
変わりは無いと思うのですが、
この段階ではまだ「集客」
とは呼べないのでは
ないでしょうか?
現実のお店を想像してみましょう。
あなたはスピーカーで
道行く人々に「いらっしゃませ~」
と自分のお店を宣伝しました。
その結果、
あなたのお店にたくさんの
人がやってきました。
しかし、ほとんどの人は
店内を色々見回して、
そのまま黙っていってしまいました。
せっかく頑張って、
声をからして人を呼び込んでも
そっけなくすぐ帰られてしまったら・・・
悲しいですよね?果てしなく。
来てもらった人も、
「せっかく来たのになにも収穫が無かった」
ということで、
すごく損した気分になるかもしれません。
こんな状態ではお互いに不幸です。
ホームページでも程度の差こそあれ、
こういったことが日常茶飯事的に
起こっていると思います。
あなたのホームページを通して
あなたがどんな仕事をしてくれて、
お客様は何が手に入るのか?
それが
お客様に伝え切れていないのです。
伝わっていない状態では「集客」にはならず、
意味の無い時間の浪費になってしまうでしょう。

■どうすることでお客様の心に近づけるか?

お客様の目線で
ホームページの内容を見つめなおすことに
尽きると思います。
お客様の使う言葉、お客様の時間感覚、
お客様の金銭感覚、、、お客様の間で流行しているもの
すべての情報感覚を総動員して
お客様をもてなす環境と、
伝えたいことがしっかりと伝わり、
何かを得ることができる、
行動しやすいホームページ作りを
徹底することがお客様への最短距離になるでしょう。
■私たちがお客様に何らかの行為をしてもらうこと
まとめると、
ただ単にホームページに
来てもらっただけでは、
お客様にも、
私たちにも何も起こらないし
ハッピーでも何でもありません。
「何かを」してもらってこそ、
お客様も私たちもお互いに
得るものがあるというものです。
集める側、集められる側、
お互いにバランスよく
得るものがある状態で、
人が集めることを「集客」
と呼ぶのではないでしょうか?
そういった意味で、
お客様が問合せしやすいように
問合せページを目立つ場所に配置したり、
メール送信画面を分かりやすく作ったりすることは
とても重要なことです。
検索エンジンでの順位や
訪問者数など数ばかりに
目が行きがちですが、
最終的な落としどころは
一体どこなのかを
しっかりと意識して
ホームページ集客を行いましょう。

ディレクトリサービスについて

こんにちは、
たてまつです。
今回はディレクトリサービスに
ついてお話します。
■「ディレクトリ」って何?
Yahoo!などでは、
カテゴリごとに分かりやすく
ホームページへのリンクが
表示されていますよね?
大雑把に言ってしまうと、
そのカテゴリリストを
「ディレクトリ」
といいます。
また、
あなたのホームページを
分かりやすく分類わけして
検索エンジンに登録するサービスを
「ディレクトリサービス」といいます。
ホームページの集まりを見やすくまとめた
目次のような場所にあなたのホームページを
登録するサービスで、
今の主流の検索エンジン、
例えばグーグルなどは主にプログラムを使って
情報を自動的に収集しますが、
一部の検索エンジンは、
ディレクトリサービスを行っていて
人間がホームページを審査して
検索エンジンのディレクトリに
登録するかどうか決めています。
■Yahoo!Japanへの登録は必須
このサービスで最も効果が高いといわれているのが
Yahoo!Japanです。
ここ数年、
かなりの部分がプログラム登録になりましたが、
まだまだその影響力は大きなものとなっています。
いくらSEO(検索エンジンで表示されるようにすること)に
力を入れても、ディレクトリに登録されていなければ、
登録されているホームページよりも下に表示されて
不利になってしまいます。
またヤフーで広告を出した場合でも、
広告の下にホームページが表示されているのと、
いないのとでは、やってくるお客様の数や
信頼性の部分で大きく差が出るでしょう。
■おトクな登録料金
Yahoo!Japanに限って言えば、
登録はかなり安い部類に入ると思います。
52,500円の審査料で、
ホームページが存在し続ければ
未来永劫、Yahoo!Japanの
ディレクトリに表示され続けます。
仮に3年は同じホームページで集客すると考えると、
月々1,500円の費用を払うだけでYahoo!Japanに
表示されることになります。
(一部の業界、業態では審査料金が異なり、
健康用品亜ヘルス・アダルト・出会い系などは
審査量が3倍の15万7500円になります。)
■登録時の注意
ディレクトリへの登録内容は30日以内なら修正が
できるようになっていますので、
しっかりと内容を考えましょう。
ホームページの説明に
どんな内容を盛り込めばいいか?
それは、
人気のある「キーワード」
検索エンジンでどの会社も競争で争って
ホームページを表示させようとしている
キーワードを盛り込むといいでしょう。
検索エンジン上の表示などでより有利に
なるでしょう。
また、
ただ単に内容が表示されているだけでは不十分で、
ホームページの説明文にはクリックされるような
「キャッチコピー的要素」が必要です。
ディレクトリサービスは、
後から修正や変更が難しいので、
ある意味チャンスは一度きりです。
慎重にどうやってお客様を呼び込む
説明文を載せるのか考えましょう。
その部分で不安なら内容部分は
プロに相談したほうが良いでしょう。
さて、次回は
「無料でできるブログの活用法」について
お話します。

これからの時代は仮説検証型のホームページが常識

こんにちは、
たてまつです。
今回はホームページ集客と
仮説検証について少しお話いたします。
■ホームページ集客は必ず費用対効果で判断する
いくらお客様から
良い反応があったとしても、
得しているのか損しているのか
分からなければ、
何をやっているのか
良く分からなくなってしまうでしょう。
自分が割に合うだけのコストと時間を
割いてホームページを作る価値が
あるのかどうなのか?
利益よりも手間のほうがはるかに大きければ
やる価値は無いでしょうし、
利益が見込めるのであれば
是が非でもやるべきです。
簡単な計算ではじき出せる
判断基準を理解せずに、
「なんとなく」や、
今までの経験や勘で
ホームページの内容を
決めていってしまうのは
危険です。
■PDCAを徹底して費用対効果を高める
判断基準は以前のお話しで
出てきた、
「費用対効果」で測ります。
どうやって測るかというと、
ごくごくシンプルです。
お客様を一人連れてくる(効果)のに、
どれぐらいの時間やお金がかかったか(費用)を
見ればいいのです。
少ない時間やお金でたくさん集客できれば
費用対効果は高く、
多くの時間とお金を投入したのに、
わずか2?3人程度しかお客様を
集められなければ費用対効果は
低くなります。
これ、当たり前?常識ですよね?
ホームページ集客する場合も
同じです。
効果が低ければ、
その時間やお金分他のことに
使ったほうがいいでしょう。
費用対効果を高めるために
もっとも確実な方法、
それは、
「仮説・実行・検証・対策」を
繰り返し行って
改善をしていくことです。
これをPDCAサイクルと呼んでいます。
計画立ててこの
「PDCA」を繰り返しながら、
ホームページ集客を行えば
費用対効果をどんどん
高めることが可能です。
■PDCAは終わらない
さて、このPDCAいつまで
続ければいいかというと、
・・・
集客ホームページでの
「ビジネス」が続く限りずっと
続けてください。
びっくりされた方も
いらっしゃるかもしれませんが、
PDCAという言葉で説明はしましたが、
トヨタのような大きな工場を持つ企業では
当たり前のように、
昔から商いを営んできた商人の方々は、
無意識的に取り組まれてきたことだと思います。
インターネットも人間が作ったものですので、
ホームページだけ放っておいても
大丈夫なはずがありません。
「安定した集客、売り上げ、利益」
を生み出すために
これからの時代で集客の中心になる
ホームページでも、
PDCAを行うのは常識です。
さて次回は
「ディレクトリサービス」についてです。

費用対効果だけでは足りない!集客の判断をするために必要なもうひとつの判断基準とは?

こんにちは、
たてまつです。
今回はホームページ集客で
色々な判断をするときに
判断基準となるおなじみの「費用対効果」と、
もうひとつの判断基準のお話です。
■まず費用対効果
集客でうまくいっているかどうかは、
費用対効果で考えます。
無料でやっていると思っていても、
あなたの時間を使って集客の
ホームページを運営されているのであれば、
あなたの時間コストが使われています。
タダじゃないんです。
長?い時間をかけてホームページを
自力で作って、
SEOのためにさらに時間をかけて
キーワードを気にしながら
作りこみ・・・
なんてことをしていたら、
いくら時間=お金があっても
足りませんよね?
これを意識して集客を考えないと、
何を目標にしてやっているのか
さえわからなくなり、
最後には嫌になって
やめてしまいます。
また、集客を続行するか否かを
判断する上で非常に重要なものです。
そして集客には、
もうひとつ重要な
判断基準があります。
■どれだけのお客様にメッセージを届けられるか?
もうひとつの判断基準は、
「お客様への露出度」です。
いくら費用対効果が高くても、
反応するお客様が1000人いるのと
50人いるのとでは、
まったく違います。
10%のお客様がホームページで
集客できるとして、
露出が1000人の場合は
100人が反応し、
50人の場合は
5人だけが反応します。
ホームページで集客する場合、
お客様がの数が多かろうが少なかろうが、
やることはあまり変わりません。
同じ労力をかけて集客を
するなら1000人を相手にしたほうが
断然効率が良いですよね?
■費用対効果と見えない労力
一度に100人集められて集客方法Aと、
一度に1人しか集まらない集客方法Bで、
1人に1つサービス契約を
してもらうと考えると、
集客方法Aでは1回宣伝するだけで
お客様を集められますが、
集客方法Bでは100回(!)宣伝しないと
お客様を集められません。
集客の露出度次第では
100倍の労力がかかることになります。
こんな方法を使っていたら
費用対効果がいくらよくても、
管理する忙しさが増すだけで、
ちっとも効果が上がらないでしょう。
集客の露出も
非常に重要な判断基準です。
■チャンスを逃さないこと
1年のうちには特別な、
イベント時期があります。
そういったときに限定して
売れる限定商品をホームページ上で
紹介する場合には
特に露出度は大きく影響してきます。
なにしろ限定商品なので
この時期にすべて
なんとかしたい!
というような商品は
費用対効果よりも、
どれだけ短期間で
多くの人の目に留まるか
のほうが重要です。
期間限定の条件では
費用対効果が高いものより、
露出力の高いもののほうが
お客様に出会うチャンスが大きいく、
結果的に大きな利益を
残せる可能性が高いからです。
費用対効果と、
お客様と出会う接点?「露出のバランスを
上手に取って集客を
考えるようにしましょう。
さて次回は、
集客の対象となる、
「お客様」のイメージを明確にする方法について
お話します。