ビジネスモデルのデザインを考える。

こんにちは!立松です。

以前、JAWSUG(Japan Amazon Web Service User Group)の
名古屋に参加させていただきました。

前々から使用していたことに加え、サービスの理念や、
基盤・実践活用の事例など、
今後ビジネスのイノベーションの軸になりそうな
ニオイがぷんぷんする代物。

現時点で価格・機能・利便性など、
スペック上最強のクラウドサービス。
クラウドの中のクラウドです
http://aws.amazon.com/jp/

「実に素晴らしいサービスだ。」
タダみたいな値段で
スーパーコンピュータを使えたりするんです。

これをビジネスに活かせば、
大きく企業活動のコストパフォーマンスがあがり、
ビジネスの構造自体も変わっていくのではないか?
と感じました。
それぐらいのインパクトを持っていると思います。
今の段階でうまく説明する自信がありませんが、

この目が覚めるような革命的なサービスを活用するためには、
適したビジネスモデルを前もって準備しておく必要があります。

いくら新しくて素晴らしい
インフラやサービスがあったとしても、

それに載せるビジネスがなければ
何にもならないですよね?

ビジネスでクラウドサービスのような
目新しいサービスを活用して100%を超えるような
パフォーマンス能力を発揮するには、

旧来の古いビジネスモデルを、
新しいインフラに載せるべきビジネスモデルへと
デザインしなおす必要があります。

「ビジネスモデルのリ・デザイン」が必要なのです。

今はまだ必要ないとお考えでも、
いずれそのタイミングはやってくるはず。

先手先手を打ち、
早めに新しいアイデアとビジネスモデル、
それを最適化する増幅装置の存在を認識して
活用することを考えていきましょう。

そのお手伝いはタテマツが担当させていただきます。

お問い合わせはこちらからどうぞ。