動画リマーケティング

こんにちは、立松です。
相変わらず暑い日が続いていますね!
Video_Camera
本日は動画を使ったアドワーズのリマーケティング手法を見てみたいと思います。

その前に・・・リマーケティングって?

リマーケティングというのは、ウェブサイトにアクセスしたことのあるユーザーに広告を表示できる機能です。
(Adwords ヘルプ)リマーケティング
例えば、御社のトップページに特殊なタグを埋め込んでおいてユーザーが訪問したら、そのユーザーに繰り返し広告を配信するというような、最近良く目にする事も多いかと思います。
これは、Googleアドワーズの検索広告、ディスプレイ広告やYahoo!プロモーション広告のディスプレイ広告で利用可能ですが、
リマーケティング機能利用の大きなメリットとしては、「費用対効果の高さ」「購入に踏み切ってもらうためのもう一押し」的な所が上げられます。
特にGoogleのいう「投資収益率の改善」には非常に大きな役割を発揮します。
実績は有るけど満足な成果が出せていないキーワードのテストなどもできます。
ある程度広告配信を継続されている方はリマーケティングを行うためのリストを作るのは容易なのでお試しいただいた方が良いかと思います。
そんなリマーケティングですが動画、Googleが運営するYoutubeにもリマーケティングがあります。

Google、Youtube/アドワーズの動画リマーケティング

Youtubeでのリマーケティングには運用元のGoogleが用意している動画向けアドワーズ広告を利用する事になります。
それで、なんでまたYoutubeなのかというと・・・
「毎日10億人が見に来る」ですとか「視聴時間は60億時間以上」ですとか、もうYouube自体が単なる動画共有サイトのスケールを大きく超えています。
現に世界トップクラスの検索サイトとしても名乗りを上げています。
加えてスマートフォンやタブレットでも自由にいつでも見る事ができるので、誰にとってもすごく身近なメディアになっています。
コメントやシェアなどはソーシャルサービスであるGoogle+と連携ができる様になっており、高度なエンゲージメントを作り上げる事が可能になっているからなんですね!
そして、このYoutubeでも動画を一度見てもらったユーザーに動画広告を使って繰り返し訴求をする事ができます。
たとえば、
私がこんな内容のニンテンドーチャンネルのマリオカート8とメルセデスのコラボ動画を見ていると、

次に見ようした動画が始まる前にこんな内容のメルセデスのGLAという車の動画広告が挿入されました。

400万〜500万円・・・う〜んちょっと高級な車ですね、やっぱりメルセデス。
これは、先に見たマリオカートとメルセデスのコラボ動画を見た人には、メルセデスのGLAの広告を表示する設定にしてあるからなのです。
TVのコマーシャルで同じようなことをしようとしても、不可能ではないにしろ大変な手間とお金がかかるでしょう。
一番いい所は大手の企業だけではなく、個人でもこういった機能がクリック単価や視聴単価と言った安い広告費だけで計画的に予算を決めて利用できる点だと思います。
土俵的には大手と同じ所にもう載る事ができるんですね〜。

TVからYoutubeなどの動画サイトへ流れてくる人が見たいものは?

この動画広告を含めて、リスティング広告には会社やビジネスの規模にはなんの条件も有りませんので、一般のTVから流れてきた半受動的な視聴者ユーザーが大量に出てくるこれからは、コストを抑えてたくさん出ている所が勝ち的な状況になるでしょう。
そこで求められる動画はどんな動画でしょうか?
こういった部分も突き詰めて分析を行う必要が有りますが、分析ツールのYoutube Analyticsも自前のYoutubeチャンネルをもてば無料で利用できる様になっています。
これを使えば視聴者視点での仮説立てと、結果として公開後のユーザーの反応を照らし合わせ、動画コンテンツの内容を着実にブラッシュアップして行けます。
世の中のスタイルや世相はどんどん変わって行くので、今後この動画の「リマーケティング」を含め、広告の機能や内容もそれらを反映したものになっていくと思いますが、理解を深めて”新しい見込みのお客様との接点作り”にお役立ていただければと思います。
まずは¥2,500から気軽にやってみませんか?(¥7,500の広告費をプレゼント)ご希望の方はお問い合わせ下さい。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です