インスタグラムのハッシュタグを適当につけないための便利アプリ

立松です。
歴史的な最強寒波到来!!ですが、みなさんのところはどんな状況ですか?
中には50cm以上の積雪が予想されるなどびっくりするような予報も出ていましたが、実際はどうなんでしょうか?
grama
こんな場合には、リアルタイムにタイムラインで情報が得られるツイッターやフェイスブック等のソーシャルメディアのほうが情報収集をする上で便利です。
集客視点で考えれば今話題になっている事でネット上でアプローチができればお客様との接点増加もありえます。
ソーシャルメディアでもはや必須のハッシュタグ。どう機能するかはわかっていても、ハッシュタグをつけるときにあまりにも特殊すぎたり、ニッチ過ぎたり、自分だけが知っているフレーズを使ったりしてユーザーの目に止まる機会が全く増えないなんてことはありませんか?
そう、適当じゃダメです。
今回はソーシャルメディアの中の一つで今最も勢いのある写真投稿共有サービス、インスタグラムで使えるハッシュタグ用のiOSアプリ「Grama」を紹介します。
“インスタグラムのハッシュタグを適当につけないための便利アプリ” の続きを読む

Twitterアナリティクスを使ってみよう!

こんにちは、立松です。
twt-icon
ここ1年ほどの間スマホユーザーの増加、Yahoo!Japanでのキャンペーンや昨年末のツイッター社のセルフサービス広告のリリースなどの影響でデジタルマーケティングでツイッターを使う頻度が増えているのではないでしょうか?
もしも御社でもTwitterを使う頻度が増えているならGoogle Analyticsのようにユーザーの行動を可視化しマーケティングの指標数値を確認しておきたいところです。
そこで今回はツイート状況などを簡単に確認できるTwitterアナリティクスについて見ていきたいと思います。
“Twitterアナリティクスを使ってみよう!” の続きを読む

2016年のデジタル集客の展望。今年もよろしくお願いいたします。

明けましておめでとうございます、
仕事も再開された方がほとんどだと思いますが、みなさんいかがお過ごしですか?
sylvester-1097705_960_720
私自身の今年のお正月はとても短く感じましたが、しっかり休むことができました。

2016年のデジタル集客に期待していること

私が今年、期待していて、なおかつ効果が出せると実感できそうなものは・・・
・facebook広告
・ツイッター広告
・アドワーズ動画(Youtube)広告
・MAツール(Hubspot/ZOHO Sales IQ/KAIROS3)
・AWS(Amazon Web Service)
この5つですね。
facebook広告は費用対効果が高く(今のところ)今やどのお客様からもオーダーがかかる必須の広告メニューとなっていますし、ツイッター広告はセルフサービス式のダッシュボードが昨年末に利用可能となり、個人の広告出稿へのハードルが随分下がりました。
動画マーケティングはブランド認知向上のためにはすでに必須項目です。
MAツールに関してはもはや「人間の営業」をリプレースすることができるレベルまで進んでいます。
そしてAWSは、個人事業主のような小さな資本でも簡単に利用でき、「あっ」という間にビジネスをスケールアップすることができるパワーをもつサービスです。

今年のミッション

今年はこれらの要素をコネクトして、ニーズにコネクトして、自分自身のゴール(中小企業でも簡単に高度なマーケティング施策が始められるパッケージ作り)とリアルな社会(特に名古屋の中小企業様)とをコネクトしてデジタル集客の施策成果をお客様に提供していきたいと思います!
このポストにご興味ございましたら、遠慮無くお問い合わせ下さい。
それでは、2016年もよろしくお付き合い下さい。
ありがとうございます。